北海道 気温が上がり雨が降る 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 気温が上がり雨が降る

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今日(30日)の道内は気温が上がります。各地でプラスの気温となり、11月下旬並みの所が多くなるでしょう。午後は広く天気が崩れますが、降るものは雨となる所もありそうです。道路の雪がとけ、大きな水たまりができるでしょう。年末年始の買い出しなどは、泥はねに注意して下さい。

原因は前線を伴った低気圧

今日の道内には、前線を伴った低気圧が近づいてきます。低気圧は、夜にはサハリン方面に進むでしょう。

この低気圧や前線に向かって、南から暖かい空気が流れ込むため、気温が上がり、日中の最高気温は平年より4度ほど高い所が多くなる見込みです。

暖かい空気と一緒に湿った空気も流れ込みます。次第に風が強まり、夕方以降は日本海側や太平洋側の広い範囲で天気が崩れるでしょう。湿った雪が降り、函館など、雨の降る所もある見込みです。

年末年始の買い出しは今日のうちに

明日(31日)大みそかから元日(1日)にかけて低気圧がオホーツク海で発達するため、道内は明日の昼頃から大荒れの天気となるでしょう。

留萌地方や石狩北部、後志や檜山地方など日本海側を中心に、非常に強い風に雪を伴い、猛ふぶきとなる恐れがあります。予想される最大瞬間風速は、30メートルから40メートルで、猛ふぶきや吹きだまり、暴風による交通障害に警戒が必要です。

年末年始の買い出しは、今日のうちに済ませておくと良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい