北海道 氷柱の落下に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 氷柱の落下に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今日(29日)の北海道の最高気温は平年並みか低く、寒さが続いています。午後3時までの最高気温がプラスになったのは、道南などの一部に限られました。明日(30日)は暖気が流れ込み、主な都市では3度前後まで上がる見込みです。札幌市内では、大きな氷柱(つらら)の出来ている所もありました。寒さが緩んで屋根から落ちてくることもあるため、明日は軒下には近づかないようにして下さい。

9日ぶりの5度以上の地点も?

今日の道内は寒さが続いていますが、明日は気温が上昇する見込みです。予想最高気温は広く3度前後で、道南などでは8度位まで上がる所もあるでしょう。体にこたえる寒さは緩みますが、軒先からの氷柱の落下には注意が必要です。この氷柱は地方によって方言があるようで、あまだれ、かんだら、たるひ、などともいう所があります。屋根に積もった雪などが建物の暖房でとけ、夜間の寒さで氷になって大きくなるものです。今シーズンの道内は積雪が少なくなっていますが、氷柱の落下や屋根からの落雪に気を付けて下さい。

また、明日の道内の天気は下り坂で、午後は雨や湿った雪の降り出す所が多くなりそうです。年末年始の買い物などは、早めの時間がよいでしょう。なお、年末年始は大荒れの天気となる恐れがあるため、最新の気象情報にも注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい