週間 大晦日・元日・2日は大荒れ Uターンも要注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 大晦日・元日・2日は大荒れ Uターンも要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


31日(火)大晦日は、全国的に南風が北西または西風に変わり、気温は急降下。元日さらに2日(木)にかけて、北海道から北陸を中心に雪が降り、大荒れの恐れ。5日(日)頃は再び荒れる可能性あり。

30日(月) 広く雨 南風で朝晩の冷え込み弱い

30日(月)は、東シナ海から九州、さらに本州の南岸に前線が延びる見込みです。東海や関東付近には、南から湿った空気が流れ込むでしょう。日本海を前線を伴った低気圧が、東へ進む見込みです。九州から近畿は、日中を中心に雨が降るでしょう。一時的に雨脚が強まる所がある見込みです。東海や関東は、朝から昼過ぎにかけて雨が降り、東海では夜に再び雨雲がかかる所があるでしょう。北陸も雨が降る時間帯がある見込みです。東北と北海道に雨雲がかかるのは、夕方以降でしょう。雪になるのは、北海道の標高の高い所に限られそうです。全国的に南風が吹き、北海道では次第に強まるでしょう。最高気温は、九州南部で20度くらいまで上がる所がある見込みです。一方で、関東では10度に届く所は、南部の沿岸部に限られ、厳しい寒さでしょう。朝晩の冷え込みは全国的に弱く、日中より夜の気温の方が高くなる所もある見込みです。

31日(火)大晦日 南風から冷たい北西または西風に 気温急降下

31日(火)大晦日は、低気圧がオホーツク海で発達し、低気圧から延びる寒冷前線が朝までに本州を通過する見込みです。日本付近は、西高東低の冬型の気圧配置になるでしょう。上空1500メートル付近で、氷点下6度以下の寒気が、東北など北の地域より先に中国地方に入り、夜には北海道や本州をすっぽり覆う見込みです。ただ、関東付近では、日中は比較的暖かい空気に覆われたままでしょう。北海道から北陸は、朝にかけて雨が降る見込みです。日本付近で吹く南風は北西または西風に変わり、日本海で発生した雪雲が、北海道や本州に次々に流れ込むでしょう。北海道や東北では、雪雲は太平洋側にも流れ出す見込みです。北海道から北陸を中心にふぶいて、大荒れの恐れがあります。関東北部にも雪雲がかかるでしょう。交通機関へ影響が出ることが考えられますので、ご注意下さい。気温は午前中から下がる一方の所が多いでしょう。ただ、関東では、昼頃に気温が15度を超える所が多い見込みです。午後は一気に気温が下がり、東京都心でも深夜から初日の出の頃にかけて、5度を下回るなど冷え込むでしょう。全国各地で万全な寒さ対策が必要です。

1月1日(水)元日~2日(木)

1月1日(水)元日から2日(木)にかけて、オホーツク海で低気圧の動きが遅くなるでしょう。北日本を中心に冬型の気圧配置が続く見込みです。北海道から北陸では、北西または西風が強めに吹き、雪雲の流れ込みが続くでしょう。大荒れの天気が続く恐れがあります。一方で、関東から九州では、風は収まるでしょう。2日(木)は、四国や九州南部で、最高気温が15度くらいまで上がる所がある見込みです。

3日(金)以降

3日(金)から5日(日)にかけて、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置が続くでしょう。北海道から北陸を中心に雪やふぶきが続く見込みです。近畿や中国地方にも、上空の気圧の谷通過で、日本海で発生した雨雲や雪雲がかかる日があるでしょう。特に5日(日)頃は、再び強い寒気が流れ込む可能性があります。まだ予報には幅がありますが、大晦日に流れ込むと予想される寒気と同じくらい、またはそれ以上に強い寒気が流れ込むでしょう。広く荒れた天気になることが考えられます。

お正月を実家などで過ごした方の多くがUターンの頃になりますが、交通への影響に注意が必要です。今後、最新の気象情報をご確認下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい