大晦日と元日 寒波襲来で大荒れ 暴風・猛吹雪・極寒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大晦日と元日 寒波襲来で大荒れ 暴風・猛吹雪・極寒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


大晦日から元日は冬型の気圧配置が強まり、強い寒波が襲来。大荒れの天気となるでしょう。北海道や東北の日本海側は猛吹雪に警戒。北陸も雪が強まるでしょう。太平洋側も冷たい北風が強まり、厳しい寒さに。

大晦日から元日は大荒れ

29日は西から天気が下り坂で、九州や四国、中国で夜は雨が降るでしょう。30日は日本海から前線を伴った低気圧が近づき、九州から関東、東北は雨、北海道は雪や雨が降る予想です。

大晦日にはこの低気圧が発達しながら北海道の北へ進むでしょう。元日にかけて冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込む予想です。北陸の上空1500メートル付近にはマイナス12度以下の今季一番強い寒気が入るでしょう。

大晦日から元日にかけて北海道や東北の日本海側、北陸は雪が強まりそうです。等圧線の間隔が込み合い、暴風も吹き荒れるでしょう。猛吹雪や吹きだまりによる交通機関の乱れに警戒が必要です。見通しが悪くなる恐れがありますので、車の運転は警戒して下さい。

太平洋側は晴れますが、冷たい北風が強まるでしょう。大晦日の最高気温は東京都心などで平年を大幅に上回りますが、油断はできません。午後は強い北風の影響で、急に寒さが増すでしょう。元日の朝も厳しい冷え込みとなりますので、初日の出や初詣へ行かれる際は万全な寒さ対策をなさって下さい。ご来光を拝みに登山を計画されている方もいらっしゃると思いますが、山は大荒れとなりますので危険です。最新の気象情報に注意し、予定変更も視野に入れるようにして下さい。

寒気の影響が長引く

その後も5日頃にかけて、日本付近は冬型の気圧配置が続き、寒気が強弱を繰り返しながら流れ込むでしょう。これまでは暖冬傾向で冬型の気圧配置が長続きしませんでしたが、大晦日以降は長く冬型の気圧配置が続き、寒気の影響も長引く予想です。北海道から北陸の日本海側は積雪が急に増えるでしょう。Uターンなど車での移動も多い時期ですが、路面状況の変化に注意が必要です。屋根から落ちる雪にもご注意下さい。太平洋側は冬晴れの日が多くなるでしょう。気温が低いだけじゃなく、これまでと違って、冷たい北風が身に沁みそうです。しっかりと寒さ対策をしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい