冬将軍滞在 年末年始は暴風雪に警戒 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬将軍滞在 年末年始は暴風雪に警戒 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


27日(金)昼頃、風の強い仙台市内に時雨虹が架かりました。時雨虹は、強い季節風によって日本海側から飛ばされてきた雲から降る雨が太陽光にあたることによりできました。東北地方では、あす28日(土)は冬型の気圧配置で季節風が強く、日本海側はふぶく所が多いでしょう。太平洋側は時雨虹が見られるかもしれません。大みそかから元日は荒れた天気になるおそれがあります。最新の情報で確認するようにしましょう。

28日(土)日本海側はふぶく

28日(土)の東北地方は冬型の気圧配置で、東北北部の上空1500メートル付近には平年より4度くらい低い真冬並みの寒気が流れ込む予想です。日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所が多いでしょう。雪の範囲は次第に狭くなる見込みですが、寒気の影響で日中は気温が上がりにくく、最高気温は平年並みか低くなりそうです。このため降った雪は溶けにくく、路面が凍結するおそれがあります。また風が強めに吹きますので、屋外のお正月飾りは、風に飛ばされないように固定したほうがよいでしょう。

29日(日)天気回復 30日(月)天気下り坂

29日(日)の日中は、太平洋側は晴れる所が多く日本海側も晴れ間があるでしょう。お正月の買い出しや大掃除をするにもよさそうです。

30日(月)は天気は下り坂になるでしょう。低気圧が西から近づいて、雲が広がりやすく雨の降るところがありそうです。積雪の多い地域では屋根からの落雪やなだれにお気をつけください。低気圧に向かって暖かな空気が流れ込むため、雪となるのは標高の高い所に限られるでしょう。

大みそか~元日 日本海側や北部は暴風雪に警戒

31日(火)大みそかから元日は強い冬型の気圧配置になるでしょう。上空には28日(土)よりも強い寒気が流れ込んで日本海側を中心に雪が降り、ふぶくおそれがあります。普段雪の少ない太平洋側南部の平地でも積雪の可能性があり、交通障害や農業施設などの被害に注意が必要です。

年末年始の移動には最新の気象情報を確認しましょう

大みそかから元日にかけて暴風や積雪の影響で交通機関が乱れたり、積雪路面や凍結路面の影響で道路の渋滞や交通規制も考えられます。お出掛けのご予定のある方は、最新の気象情報や交通情報を確認できるようにして、無理をせず時間に余裕を持った移動を心がけましょう。

水道管凍結にご注意ください

東北地方の気温は、31日(火)大みそかの午前にかけて平年並みが高いでしょう。ただ、大みそかの午後は、流れ込む寒気の影響で次第に気温が下がり、元日以降は平年並みか低い日が多くなりそうです。年初めの挨拶回りや初詣や初売りなどお出かけには万全の寒さ対策をしましょう。また普段雪の少ない地域にお住まいの方は、雪かきや車の雪下ろしグッズなども準備しておくとよいでしょう。朝晩の気温は北部の内陸や標高の高い所を中心に、水道管が凍結するくらいまで下がるところがありそうです。水道管は、長期間自宅を空ける場合には、より凍結しやすくなりますので、就寝や旅行の前には水抜きをしたり、電動水抜き栓の電源が入っていることを確認しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい