岩手県で平年2倍超の積雪 盛岡市で15センチ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩手県で平年2倍超の積雪 盛岡市で15センチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


27日(金)、岩手県では積雪の深さは、今季一番になっているばかりか、盛岡市で午後1時の積雪の深さは15センチなど、平年の2倍を超えている所があります。夕方にかけて雪が降り続き、大雪になる見込みです。

東北地方を低気圧が通過中 岩手で今季最も深い積雪

きょう27日(金)、東北地方を低気圧が通過中です。このため、東北北部では、太平洋側でも雪が降っています。岩手県では、山沿いだけでなく、平地や沿岸部でも積雪になっています。午後1時の積雪の深さは、一戸町奥中山で45センチのほか、盛岡市15センチ、久慈市3センチなど、いずれも今季最も深くなっています。青森県でも平川市碇ケ関で42センチと今季最も深くなっています。

岩手県で平年の200パーセントを超える積雪

雪不足といわれているこの冬、積雪の深さは、平年を下回るどころか、平年の40パーセント以下の所が多くなっています。そんな中、きょう27日(金)午後1時現在、盛岡市などで平年の200パーセントを超えました。東北北部の太平洋側の雪は、夕方にかけて続く見込みです。雪が止んでも、積雪や凍結による交通への影響などに注意を続けて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい