27日仕事納めは強風に注意 関東も北部山沿いは大雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日仕事納めは強風に注意 関東も北部山沿いは大雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


27日は全国的に風が強く、晴れてくる太平洋側も風が冷たい。雪は、本州の日本海側を中心に強まりそう。関東は、北部の山沿いで大雪になる所もあり、北部の平地でも積雪の可能性。

天気のポイントは

27日金曜日は、仕事納めという方も大勢いらっしゃるはず。ただ、冬将軍は、これから年末年始にかけてが本格始動で、猛威を振るいそうです。

27日午後からは、日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。21時の予想天気図をみると、日本付近で、等圧線が「縦じま模様」になっていて、等圧線の間隔が「狭い」ほど、「風が強く吹く」ことを表しています。

このため「全国的に季節風が強まる」のがポイント。仕事納めや忘年会で、お帰りが遅くなればなるほど、風の冷たさが身に沁みそうです。北陸では、新潟県など最大瞬間風速35メートルと予想されていて、これは何かにつかまっていないと、立っていられないくらいの風です。高速道路を走る車は、横風にも注意が必要です。交通機関に影響がでる恐れもありますので、早めに帰省される方などは、最新の情報を確認して下さい。

雪が強まるのは

天気は、本州の日本海側を中心に、雪の範囲が広がるでしょう。北日本や東日本を中心に、雪や風が強まり、西日本の日本海側でも雪の降る所がありそうです。

さらに風が強いので、雪雲が長野県や関東北部の山沿いにも流れ込み、28日昼前にかけて、大雪になるでしょう。28日午前6時までに予想される雪の降る量は、いずれも多い所で、群馬県と長野県で30センチ、栃木県で25センチとなっています。なお、上空の寒気が予想よりも強まった場合には、警報級の大雪になる恐れがあります。また、関東北部の平地でも、積雪となる可能性もあります。交通機関への影響や路面の凍結などに、十分お気をつけ下さい。

一方、太平洋側は天気が回復へ向かい、日中は広く晴れてきそうです。

気温のポイント

27日の気温のポイントは「上空の寒気が南下すること」。最高気温は、26日と同じか、低い所が多いでしょう。福岡や鹿児島は、昼間もほとんど上がりません。日本海側では、金沢など朝よりも日中の方が寒い所もありそうです。

ただ、関東だけは、寒気の流れこむタイミングが遅れるので、最高気温は26日よりも高いでしょう。東京は15度と、11月下旬並みの予想です。そんな関東でも、午後は季節風が強まるので、気温の数字よりも寒く感じられそうです。今夜は朝よりも寒くなって、風の冷たさも加わりますので、年の瀬に風邪などひかないよう、十分暖かくして、お出かけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい