年末年始は冬将軍到来 荒れた天気 交通機関へ影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年末年始は冬将軍到来 荒れた天気 交通機関へ影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


年末年始は冬将軍が到来。大みそかから元日は冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北の日本海側を中心に荒れた天気になりそうです。交通機関へ影響が出る可能性があります。一方、関東から九州の太平洋側は晴れる所が多いですが、季節風が強まるでしょう。

週末のお出かけは土曜日がおすすめ

いよいよ仕事納め、この週末から帰省や旅行に出かけるという方も多いのではないでしょうか。28日(土)は本州付近は高気圧に覆われて晴れる所が多いでしょう。北海道と東北の日本海側、北陸の雪や雨も次第に収まりそうです。29日(日)も晴れる所が多いものの、次第に気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。西から次第に雨が降り出すでしょう。

12月31日・大みそか 強烈寒気が流れ込む

31日・大みそかは日本付近は強い冬型の気圧配置になりそうです。天気図を見ると、等圧線の縦縞模様がかなり混んでいる様子がわかります。全国的に季節風が強まるでしょう。上空には強烈な寒気が流れ込み、上空1500m付近で平地で雪が降る目安のー6度以下の寒気は中国地方まで覆うほど。平地で大雪の目安となるー12度以下の寒気は、北陸付近まで流れ込む見込みです。北海道や東北の日本海側は大雪となる所もありそうです。東北の太平洋側にも雪雲の流れ込む所があるでしょう。

1月1日・元日 初日の出や初詣は?

1月1日・元日にかけて冬型の気圧配置が強まるでしょう。北海道から東北の日本海側は引き続き、雪でふぶく所が多い見込みです。各地で荒れた天気になり、ふぶいたり、吹き溜まりが発生したりなど、年越しは荒れた天気になりそうです。交通機関に影響が出る恐れがあります。大みそかから元日にかけて移動を予定されている方は、最新の気象情報や交通機関からの情報を事前に確認して行動するようにしてください。一方、大平洋側は晴れる所が多く、初日の出も期待できるでしょう。ただ、季節風が強まるため、ぐっと寒くなりそうです。初詣などへお出かけされる際も寒さ対策は万全にしたほうが良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい