3か月予報 全国的に高温傾向 日本海側の雪は少ない 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3か月予報 全国的に高温傾向 日本海側の雪は少ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(25日)気象庁から最新の3か月予報が発表されました。気温は全国的に高い傾向で、日本海側の降雪量は少ない予想です。

気温は高く 雪少ない

3か月予報の気温に注目すると、全国的に高温の傾向となっています。これは、偏西風が日本付近で平年より北を流れていて、寒気の南下が弱いことが予想されるためです。北日本では平年並みか高く、東日本と西日本、沖縄・奄美は平年より高い予想です。また、北日本から西日本にかけての日本海側の降雪量は、少ない傾向です。北日本の日本海側では平年並みか少ない、東日本の日本海側と西日本の日本海側は平年より少ない予想となっています。これまでも雪が少なく、スキー場などに影響が出ていますが、この先も雪の少ない傾向は続きそうです。

1月 太平洋側は雨が多い

1月の気温は、東日本と西日本、沖縄・奄美で高く、北日本ではほぼ平年並みの予想です。天気の傾向をみると、寒気が南下しにくく、また、冬型の気圧配置が長続きしないため、太平洋側の地域では冬晴れの日が続きそうにありません。東日本の太平洋側、西日本の太平洋側は、平年と比べると晴れの日が少なく、降水量は平年並みか多い予想となっています。

2月 日本海側で雪少ない

2月も日本付近は寒気の影響を受けにくい予想です。北日本の日本海側では、平年よりも曇りや雪の日が少ないでしょう。東日本の日本海側、西日本の日本海側も平年より曇りや雪または雨の日が少ない予想となっています。太平洋側の地域は、平年と同様晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美は、平年と同様に曇りや雨の日が多い予想です。

3月 春の知らせが早く届くかも

3月になると次第に春めいてきますが、気温は全国的に平年並みか高い予想となっています。梅や桜の開花など、春の訪れを告げる知らせが例年よりも早く届くかもしれません。天気の傾向は、北日本の日本海側では、平年に比べて曇りや雪または雨の日が少ない予想です。北日本太平洋側は晴れの日が多いでしょう。東日本・西日本は、天気は数日の周期で変わりそうです。太平洋側では晴れの日が多い予想です。沖縄・奄美は平年と同様、曇りや雨の日が多いでしょう。

【北日本】北海道・東北地方

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい