あす(26日)南岸低気圧が東進 雨・雪のエリアは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす(26日)南岸低気圧が東進 雨・雪のエリアは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす(26日)は日本列島の南を低気圧が東へ進みます。上空の寒気と雨・雪の降るエリアをまとめました。

南岸低気圧が東進

この季節、日本列島の南を進む、いわゆる南岸低気圧が通過すると心配されるのが、普段あまり雪の降らない太平洋側の雪です。あす(26日)は南岸低気圧が東へ進む見通しです。天気は、西日本ではきょう(25日)夕方ごろから雨が降り、東日本や東北はあす(26日)午後には天気が下り坂となるでしょう。降るタイミングは地域ごとに異なりますが、あすは傘が必要となりそうです。

26日 雪のエリアは東日本の山沿いと東北北部より北

あす(26日)は、平地でも雪を降らせる目安となる寒気が入るのは、東北北部あたりまでと予想されています。そのため、雪が降るのは北海道と東北北部で、東日本では山沿いの地域くらいとなりそうです。首都圏や名古屋、大阪で平地で雪の心配はなさそうです。

27日 冬型の気圧配置 日本海側は雪

あさって(27日)は一転、平地で雪を降らせる目安となる寒気が、東日本や西日本にも一部入ってきます。気圧配置は西高東低の冬型となるため、北日本や北陸では雪が降り、大荒れの天気となる恐れがあります。また、山陰でも雪の降る時間がありそうです。一方、東日本と西日本の太平洋側の地域は日差しの出る所が多い見込みです。ただ、寒気が入ってくる影響で、夜以降はグッと冷え込みそうです。気温の変化にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい