23日 太平洋側は天気回復 夜は寒いイヴイヴに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23日 太平洋側は天気回復 夜は寒いイヴイヴに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう(23日)は太平洋側は天気が回復して晴れる見込みです。一方、日本海側は雲が多く、雪や冷たい雨の所も。今夜はグッと冷え込み、寒いクリスマスイヴイヴになりそうです。

甲府で初雪 路面の凍結などに注意

きのう(22日)から本州の南を通過した低気圧の影響で、九州から東北の広い範囲で、冷たい雨や雪が降りました。関東甲信の山沿いでは積雪状態になっている所があります。雨や雪がやんで、いつも通りの道に見えても路面が凍結している可能性があります。車の運転はいつも以上に慎重になさって下さい。

【甲府で初雪】

甲府からは平年より遅い、初雪の便りが届きました。

甲府地方気象台では、昨夜(22日)午後10時38分頃、みぞれを観測し、初雪となりました。

(平年より12日遅い、昨年より25日早い)

午前6時現在の積雪は、甲府で1センチ、河口湖は24センチと一気に雪が積もりました。

※今年の2月1日から初雪の観測は自動化され、降水と気温や湿度から自動的に判別されて発表されます。昨年の差は、昨年の目視観測による初雪日との差です。

冬の天気分布に

きょう(23日)は、日本付近は次第に冬型の気圧配置に変わる見込みです。また夜には、北陸周辺に低気圧が進むでしょう。

【太平洋側 天気回復】

九州と中国・四国から北海道の太平洋側は、広い範囲で晴れるでしょう。東北は昼頃まで雪や雨の降る所がありますが、次第にやむ見込みです。関東甲信の山沿いでは、雪が降って景色が一変している所もあります。足もとが滑りやすくなっていますので、注意が必要です。

【日本海側は冷たい雨や雪】

山陰から北海道の日本海側は、すっきりしない天気が続きます。山陰や近畿北部は雲が多く、所々でにわか雨や雷雨がありそうです。北陸は断続的に雨や雷雨、標高の高い所では雪になるでしょう。東北も雪や雨が降りやすく、次第に風が強まりそうです。北海道は夕方以降の降る所があるでしょう。

日中は日差しの温もり 夜は冷え込む

【寒さ和らぐ】

晴れる太平洋側は、きのうに比べると寒さが和らぎます。九州から関東は、日中の気温はきのうより3度から5度ほど高い所が多いでしょう。12月下旬としては気温が高く、10度を超えて日差しの温もりを感じられそうです。四国や九州は15度くらいまで上がる所もあるでしょう。ただ、夜はグッと冷え込みますので、暖かい服装でお出かけ下さい。

【この時期らしい寒さ】

北陸と東北・北海道の日本海側は、防寒対策が欠かせません。最高気温はきのうと同じか低くなりそうです。

北海道はけさ、今シーズン一番の冷え込みの所が多くなりました。最低気温は、後志地方の喜茂別町で氷点下20.9度、上川地方の占冠村は氷点下20.2度まで下がりました。日中も氷点下となる真冬日の所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい