週間予報 クリスマス・部分日食・帰省ラッシュの天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 クリスマス・部分日食・帰省ラッシュの天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


今週は、クリスマス(25日)や部分日食(26日)といったイベントが。28日には年末の帰省ラッシュが始まります。気になる天気は?

23日(月)広く天気回復 高い山は真っ白に雪化粧

23日(月)は、関東から九州の広い範囲で天気が回復する見込みです。関東は明け方まで雨や雪の降る所がありますが、日中は日差しが届くでしょう。22日の雨は標高の高い地域では雪となる見通しです。関東甲信をはじめ、四国や九州の高い山も23日の朝は雪化粧をして白くなっているでしょう。とくに、関東の山沿い、山梨県内、長野南部・中部ではこれまで雪のなかった所でもしっかり積もっている可能性があります。峠道を車で通過するには、チェーンなどが必要です。自動車の運転には細心の注意を払ってください。

北陸には低気圧が近づき、雨が降ったりやんだりの天気が続くでしょう。午後は雷が鳴りそうです。東北、北海道は、昼ごろまで雪や雨の降る所が多く、日本海側は夜にかけても雲が多くなるでしょう。

24日(火)以降 寒気じわり南下

気になる24日(火)、25日(水)の天気。24日は上空に寒気が流れ込み、北海道から東北の日本海側では所々で雪、北陸では雨の降る所が多いでしょう。北海道では北部で雪の降り方が強まる時間もありそうです。一方、北海道から東北の太平洋側、関東から九州では晴れ間が期待できる見込みです。25日も北海道は寒気の影響で日本海側を中心に雪。東北から九州は高気圧に覆われて広く晴れるでしょう。東北から九州では、24日よりも25日のほうが天気が良くなる見込みです。26日(木)は日食が起こり、日本列島からも午後2時過ぎから日没の時間にかけて部分日食が見られる予定となっています。ただ、残念ながら天気に恵まれない見通しです。本州の南岸を低気圧が通過するので、九州から関東や北陸では広い範囲で雨が降り、東北では南部を中心に雪が降るでしょう。低気圧の発達具合によっては、東北では雪の量が多くなる可能性があります。北海道でも雲が広がりやすいですが、沖縄では日食が見られる地域があるかもしれません。年末年始をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュは28日(土)からがピークになる見通し。28日は高気圧に覆われて比較的穏やかな天気となるでしょう。ただ、年末にかけてじわじわと寒気が南下してきて、大晦日から元日ごろには北日本に強い寒気が流れ込む可能性があります。荒れた天気になる可能性がありますので、年末年始の天気は今後の情報に注目するようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい