九州 週末は一時的に寒くなるも、高温傾向 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 週末は一時的に寒くなるも、高温傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう18日(水)も九州は気温が平年より高い状態が続いています。最高気温は20度を超えた所もあり、11月中旬並みの気温の所が多くなりました。季節外れの暖かさは、あす19日(木)も九州南部を中心に続きますが、その先は週末を中心に、いったんこの時季らしい寒さになるでしょう。寒暖差が大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。

きょう18日も11月並みの気温

きょう18日(水)も九州は寒気の流れ込みが弱く、気温が平年より高い状態が続いています。きょう午後3時までの最高気温は宮崎県西都市21.5度、大分市19.4度、鹿児島市19.2度、福岡市17.5度など。平年より5度前後高く、11月中旬並みの気温の所が多くなりました。昼間は上着がいらないような所もあり、12月とは思えない気温となっています。

季節外れの暖かさいつまで?

この季節外れの暖かさは、あす19日(木)も九州南部を中心に続くでしょう。九州北部は、あすは気温の上がりが少しトーンダウンして最高気温は14度前後となりますが、それでも平年に比べるとやや高い気温です。

その先は寒気が入りやすく、週末の最高気温は九州北部で12度前度と、いったんこの時季らしい寒さになるでしょう。ただ、週明け以降はまた気温が上昇傾向で、25日(水)はこの時季としては比較的暖かいクリスマスとなりそうです。

高温傾向はまだ来週にかけて続く見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい