北海道 明日17日は広い範囲で雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 明日17日は広い範囲で雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


明日は北海道付近を気圧の谷が通過し、雨の降る所が多くなります。降り出しのタイミングと注意事項などについて解説します。

今夜(16日)の天気

今夜の北海道付近は、高気圧の張り出しの中に入っています。そのため道内は広く晴れる見込みです。上空約1500mには平年より10度前後暖かい空気が入り、明日朝にかけての冷え込みは弱いでしょう。

明日(17日)は雨

高気圧の張り出しは一時的となりそうです。サハリン方面を東に進む低気圧からのびる前線が接近し、明後日(18日)にかけて北海道付近を通過する見込みです。このため、宗谷地方では朝から、その他の日本海側や太平洋側西部でも昼頃から雨が降り出すでしょう。日中の風は全般に南よりで、上空には引き続き10月下旬並みのこの時期としては暖かい空気が流れ込むため、山間部を除き、雨となる所が多くなりそうです。雨量が多くなるのは日本海側北部の宗谷や留萌地方です。これらの地域では、多い所で20~30ミリの雨となるでしょう。太平洋側東部やオホーツク海側では全般に曇り空で経過しますが、根室地方など一部では夜に多少雨の降る所がある見込みです。札幌も日中に雨となりますが、雨量は少ないでしょう。

また、等圧線の間隔がやや狭くなり、日本海側を中心に風が多少強まる所もありそうです。暖かい空気に加えて雨となる所が多くなりますので、路面状況の変化や雪崩などにも注意が必要です。

積雪少ない?

北海道内では、層雲峡や美瑛などの一部を除き、積雪の深さは平年よりもかなり少ない所が多くなっています。平年比で70%以下の所が多く、20%以下という所も少なくありません。札幌の積雪深は、16日9時時点では2センチで平年の10%程度でしたが、その後さらに減り18時現在0センチとなっています。明日(17日)の雨により、札幌以外のその他の地域でも、積雪がさらに少なくなる見込みです。また、今後一週間程度は、冬型の気圧配置となる日もありますが降雪量が極端に多くなることはなさそうです。気温の面では冬を感じることも多くありますが、雪景色という面では冬を感じることの少ない所が多くなっています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい