関東 正午の気温 きのうより10度もダウン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 正午の気温 きのうより10度もダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


関東地方はきょう13日(金)、南部を中心に雲が広がり、正午の気温は広く10度以下となっています。東京都心は7度9分で、きのうの正午に比べると10度くらいも低くなっています。

正午の気温 10度に届かず

関東地方は、きょう13日(金)、南部を中心に雲が広がっており、気温の上がり方が鈍くなっています。東京都心、千葉、水戸、宇都宮は正午までの日照時間は0分です。正午の気温は東京都心7度9分、横浜8度6分、千葉7度9分、水戸5度9分と、10度に届かず、いずれもきのう12日(木)の正午に比べると、10度くらい低くなっています。宇都宮は6度0分で、きのうより8度ほど低くなっています。

一方、内陸で日差しが届いている所があります。前橋では正午までの日照時間は4時間を超えています。それでも、正午の気温は、前橋8度8分と10度に届かず、きのうより6度ほど低くなっています。

あす14日(土) 日差し暖か

あす14日(土)は、日差しがたっぷり届き、寒さが緩む見込みです。朝はひんやりしていても、日中の気温は15度くらいまで上がる所が多いでしょう。日差しのぬくもりを感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい