13日の金曜日 今夜から「ふたご座流星群」も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日の金曜日 今夜から「ふたご座流星群」も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D


昨夜は「コールドムーン」でしたが、今夜から流れ星を見るチャンス。13日の天気は、日本海側ではいったん回復。クリスマスを前に、星に願いを託すのも良さそうですが、広く晴れる太平洋側も師走らしい寒さなので、忘年会などもしっかり暖かくして。

冬の天体ショー 今夜以降も続きます

昨夜の月は、令和元年最後の満月でしたね。満月には英語圏で様々な呼び名があり、12月の満月は「コールドムーン」と呼ばれています。師走の夜空をキレイに照らす「月」を眺めた方も、大勢いらっしゃるかと思いますが、冬の天体ショーは、まだまだ続くでしょう。

この週末は、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が見ごろを迎えます。ピークは15日日曜4時頃ですが、14日土曜夜~15日日曜明け方だけでなく、13日金曜夜も、普段より多くの流れ星を見ることができそうです。いずれの夜も、20時頃から「流れ星」が現れ始め、「流れ星」の数が最も多くなるのは、真夜中を過ぎた頃でしょう。クリスマスを前に、星に願いを託すのも良さそうです。

13日 天気のポイントは

13日金曜の天気のポイントは「日本海側の天気は、日中は回復する」ことです。日本海側で降っている雪や雨は、いったん朝まででしょう。

北海道では、すでに風のピークは過ぎました。ただ、北海道太平洋側東部では、朝まで風の強い状態が続くので、猛ふぶきや吹きだまりよって交通機関が乱れる恐れがあり、暴風にも警戒が必要です。北海道日本海側北部では、朝までは積雪が更に増えるでしょう。北海道のオホーツク海側南部と、太平洋側東部では、夕方まで高波に警戒を続けて下さい。

北海道だけでなく、本州の日本海側も、日中は天気の崩れはありませんが、西から次の低気圧が近づくため、夜は、また日本海側で雨や雪の降り出す所があるでしょう。

一方、太平洋側は広く晴れそうです。関東の沿岸部など、雲の広がりやすい所もありますが、お出かけに傘は必要なさそうです。

13日 気温のポイントは

13日金曜の最高気温は、12日ほど上がらない所が多いでしょう。気温のポイントは「関東から北で、グッと寒くなること」。関東から北の最高気温は、12日より7度前後低い予想です。気温が5度違うと、服装1枚分に相当すると言われていますので、12日よりも1枚~2枚、多めに着てお出かけ下さい。東海から九州は、13度前後の所が多く、こちらも師走らしい空気に包まれるでしょう。

13日夜「ふたご座流星群」を見る時の 天気と寒さは

気になる「13日夜の天気」ですが、太平洋側を中心に、流れ星を見るのに良いでしょう。関東の沿岸部など、スッキリしない天気の所もありますが、上空の雲が中心になりそうです。日本海側は、西ほど雲が薄くなるでしょう。

そして、今夜も、万全な寒さ対策が欠かせません。東京都心では、21時の気温は7度台で、この時期にしては低いでしょう。晴れる所は、更に放射冷却が強まるので、一段と冷え込みそうです。放射冷却とは、例えば、布団をかけずに寝てしまうと、体からどんどん熱が逃げてしまうこと。もし、雲があれば、布団と同じ役目をするので、地面近くの熱が上空に逃げにくいのですが、雲がなくて晴れる所ほど、夜の冷え込みが強まるのです。

流れ星を見るために、長い時間、外にいると、足元から冷えてくるでしょう。「ふたご座流星群」の観察だけでなく、忘年会などでお帰りが遅い方も、年の瀬の何かと忙しい時期に、体調を崩さないよう、しっかり暖かくして、お出かけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい