北海道 13日明け方まで猛ふぶきに警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 13日明け方まで猛ふぶきに警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


本日12日、北海道付近は次第に強い冬型の気圧配置となり、上空には強い寒気が流れ込むでしょう。昼過ぎから急激に気温が下がり、雨から雪へと変わり、西よりの風が強まる見込みです。午後は日本海側を中心に風雪が強まるでしょう。ホワイトアウトとなり周囲が見えなくなったり、屋外での行動は危険となるほどの暴風が吹き荒れる危険性があります。明日13日明け方にかけては、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒してください。

できれば外出は明日に

今日12日午後は、西よりの風が強まり、日本海側と太平洋側の陸上では最大瞬間風速35メートルと、外では立っていられないほどの暴風が吹く恐れがあります。日本海側では雪を伴うため、車も歩行者も周囲が見えにくくなり、さらに危険な状態となります。午後は大荒れの天気となりますが、明日13日の日中は次第に風や雪が収まる見込みです。買い物や屋外での作業などは、明日13日にした方が安心です。また、海の波は4メートル~5メートルとしける海域が多く、宗谷や渡島、桧山、網走、根室の海域は6メートルの大しけとなるでしょう。明日13日昼過ぎにかけて高波にも警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい