急に寒くなった11月 今年の冬はどうなる? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

急に寒くなった11月 今年の冬はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


11月の天候のまとめと今年の冬の見通しです。11月は度々寒気は流れ込んできたものの、北海道や東北などの初雪は平年より遅い所が多くなりました。また、東京では11月下旬は天気がぐずつき、11月としては69年ぶりに1週間連続で降水を観測。冷たい雨や寒気の影響で急に寒くなりました。今年の冬は冬型の気圧配置は続かず、暖冬となりそうです。

初雪 平年より遅く

11月に入り、度々寒気が流れ込み、北海道や東北、新潟や長野で初雪を観測しました。仙台の初雪は平年より早かったものの、そのほかは平年より遅く、稚内や旭川、札幌、盛岡、釧路、長野では平年より10日以上遅くなりました。初雪の観測がかなり遅かった去年よりは早いものの、今年も季節の進みはゆっくりとなりました。

東京 11月としては69年ぶり1週間連続雨 木枯らしは吹かず

11月の降水量は北海道や東北、東海から九州では平年より少ない所が多くなった一方で関東では多くなりました。特に、11月下旬は雨が続き、東京では22日から1週間連続で1ミリ以上の降水を観測しました。11月に1週間連続で降水を観測するのは69年ぶりのことでした。11月上旬、中旬は暖かな日が多かったものの、11月下旬は冷たい雨や寒気の影響で、日中も寒い日が多くなりました。

また、近畿地方では11月4日に木枯らし1号が吹いたと発表がありましたが、東京地方では木枯らし1号はまだ吹いていません。きょう(30日)このまま吹かなければ、2年連続で吹かなかったことになります。

台風 11月としては統計開始以来 最多タイ

11月は台風が6個(23号~28号)発生しました。台風が11月に6個発生するのは、1951年の統計開始以来、1964年と1991年に並んで最多でした。日本列島から離れて進んだ台風が多かったものの、台風27号は沖縄の先島諸島にかなり接近し、影響を与えました。

今年の冬はどうなる?

エルニーニョ監視速報によりますと、今年の冬にかけてもエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生しない、平常の状態が続く見込みです。また、長期予報の資料によりますと、上空の偏西風は日本付近では平年より北を流れるため、列島への寒気の流れ込みは弱くなる予想です。

12月から1月にかけては、冬型の気圧配置は長続きしないでしょう。日本海側は平年に比べ雪や雨の降る日が少ない予想です。一方、太平洋側は12月は気圧の谷や湿った空気の影響で、平年より冬晴れの日が少なくなるでしょう。1月はこの時期らしく晴れる日が多くなりそうです。沖縄や奄美は曇りや雨の日が多いでしょう。全国的に気温は平年並みか高く、暖冬となる見込みです。冬ですので、寒い日は増えてきますが、冷たい北風が吹きつける厳しい寒さの日はいつもの冬より少なめとなりそうです。

2月になると日本海側は平年同様に雪や雨の日が多く、太平洋側は晴れる日が多くなるでしょう。気温は全国的に平年並みの予想です。立春を迎えても春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい