週明け広く雨 雨の後「強い寒気」南下 暴風雪の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週明け広く雨 雨の後「強い寒気」南下 暴風雪の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


12月2日(月)は気圧の谷の通過で、広く雨。3日(火)から4日(水)は、北海道付近に強い寒気が流れ込む。冬型の気圧配置が強まり、北海道では暴風雪の恐れ。

29日(金) 強い寒気南下 30日(土)も寒さ続いてる

29日(金)朝は、上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が、関東付近まで南下しました。館野の上空で氷点下7度くらいと、真冬並みの気温です。最高気温は、平年より低くなった所が多く、東京都心9度7分と、1月上旬並みでした。30日(土)は、今回の寒気のピークは過ぎたものの、寒さが続いています。東京都心の午後2時までの最高気温は12度0分で、12月中旬並みになりました。

12月1日(日) 天気は下り坂へ 寒さ緩む

12月1日(日)は、日本列島に西から気圧の谷が近づく見込みです。

九州は雲に覆われて、早い所は昼頃から雨が降るでしょう。夕方以降は、雷が鳴り、雨脚が強まる所がある見込みです。雨雲は次第に東へ広がります。中国地方は夕方から、四国は夜は雨が降りだすでしょう。近畿も夜遅くは雨が降る所がある見込みです。東海や関東は、雨雲が西から近づく前から別の気圧の谷の影響で、沿岸部を中心に昼頃から、にわか雨がある見込みです。東北では北部で昼過ぎから雨が降るでしょう。北海道は、日本海側は日中を中心に雨が降る見込みです。雪になるのは、標高の高い所が中心でしょう。夕方以降は、太平洋側も所々で雨や雪が降る見込みです。

上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は、夜にかけて北海道の北まで北上するでしょう。今回の寒さは緩む見込みです。最高気温は、全国的に平年並みか、やや高いでしょう。札幌6度、東京都心15度、大阪17度、福岡18度の予想です。

2日(月) 全国的に雨

2日(月)は、気圧の谷が日本列島を通過する見込みです。全国的に雨が降るでしょう。一時的に雨脚が強まることがある見込みです。風も強めに吹くでしょう。北海道では日本海側やオホーツク海側を中心に雪になる見込みです。気圧の谷の通過後は、日本付近は冬型の気圧配置になるでしょう。雨や雪は次第にやむ所が多いですが、北陸や東北の日本海側では、雨が降りやすい状態が続く見込みです。

3日(火)~4日(水) 強い寒気 再び南下 北海道は暴風雪の恐れ

3日(火)から4日(水)にかけて冬型の気圧配置で、強い寒気が流れ込む見込みです。上空1500メートル付近で氷点下15度以下の寒気が北海道まで南下するでしょう。札幌の上空で真冬並みで、今週29日から流れ込んだ寒気と同じくらいか強い予想です。冬型の気圧配置が強まり、北海道では雪が降り、風が強く吹くでしょう。暴風雪になる恐れがあります。不要不急な外出や車の運転を控える、という想定をしておくとよいでしょう。東北の日本海側や北陸も日本海から雨雲や雪雲が流れ込むでしょう。北陸では大気の状態が不安定になり、雷が鳴ることがある見込みです。

3日から流れ込む寒気は北海道が中心です。東北南部、関東から九州では、最高気温は、平年並みか、やや高い所が多い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい