台風27号 今夜発達のピークへ 沖縄は強風に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風27号 今夜発達のピークへ 沖縄は強風に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風27号は、きょう21日(木)正午現在、沖縄の南を北西へ進んでいます。今夜が発達のピークとみられ、22日(金)から23日(土)にかけて先島諸島に接近する恐れがあります。

台風27号 沖縄の南を北上 先島諸島に接近の恐れ

台風27号は、きょう21日(木)正午現在、沖縄の南を北西へ進んでいます。中心気圧は990ヘクトパスカル、風速25メートル以上の暴風域を伴っています。台風27号は、今後も沖縄の南を北上する見込みです。今夜が発達のピークとみられ、22日(金)から23日(土)にかけて先島諸島に接近する恐れがあります。

沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴って先島諸島ではシケています。沖縄本島地方と大東島地方でも次第にシケる見込みです。22日(金)にかけてうねりを伴う高波に注意して下さい。21日(木)と22日(金)に予想される波の高さは、沖縄本島地方、大東島地方、先島地方いずれも4メートルです。

沖縄地方では、台風の接近に伴って、22日(金)にかけて北東から南東の風が強く吹く見込みです。予想される最大瞬間風速は、21日(木)は沖縄本島地方、大東島地方、先島諸島は25メートル。22日(金)は、沖縄本島地方、大東島は25メートル、先島諸島は30メートルです。風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るくらいの風です。強風にご注意下さい。

沖縄本島地方と大東島地方では、大気の状態が不安定になるでしょう。21日夜から八重山地方では22日は雷の発生する恐れがあります。台風の進路等によっては、沖縄本島地方で22日にかけて、湿った空気が流れ込みやすくなり、警報級の大雨となる恐れがあります。

本州への影響は

台風27号は、23日(土)朝までに、熱帯低気圧に変わるでしょう。台風は本州への直接の影響はない見込みです。ただ、熱帯低気圧に変わっても、九州を中心に雨の元となる湿った空気を運んでくる可能性があります。台風が近づくことがなくても、太平洋側では雨の降り方にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい