北海道 20日昼前にかけて日本海側では暴風雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 20日昼前にかけて日本海側では暴風雪に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


北海道は、今日(19日)から明日(20日)昼前にかけて、日本海側を中心に暴風雪となる見込みです。

日本海側を中心に猛吹雪

北海道付近は強い冬型の気圧配置となり、上空約1500メートル付近に真冬並みの強い寒気が流れ込みます。
気圧の傾きが大きくなるため、北海道では今日から明日にかけて風が強まります。予想される最大風速は日本海側と太平洋側の陸上で20メートル、オホーツク海側の陸上では15メートルの見込みです。
また、日本海側を中心に雪も伴うため、見通しの利かないほどの猛吹雪となったり、雪の吹きだまりができて車の通行が困難になる恐れがあります。交通障害の発生に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい