北海道 前線通過で広く雨に 足元注意

tenki.jp
今日(18日)の北海道付近は、低気圧からのびる前線が通過して、広い範囲で雨が降る見込みです。14日(木)から17日(日)ごろには、強い冬型の気圧配置で積雪状態となった所が多くなりました。現在も雪が残っており、凍結路面となっている所もあります。そこに雨が降ると、足元が滑りやすくなるため、転倒事故や車のスリップには注意して下さい。 雨の後は再び暴風雪に? 今日は前線の通過により雨が降り、太平洋側などではまとまった雨の量になる所もありそうです。また、日本海側北部などでは雪の降る所もあり、山沿いを中心に積雪の増える所もあるでしょう。今日の日中に前線が通過した後は、再び強い冬型の気圧配置に変わり、上空には真冬並みの強い寒気が流れ込んできます。今日は西よりの風が次第に強まり、明日(19日)から明後日(20日)は日本海側を中心に暴風雪となる見込みです。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック