週間予報 寒気と暖気が綱引き 気温変化大きな週間 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 寒気と暖気が綱引き 気温変化大きな週間

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


この先一週間は、日本列島の上空を舞台に、寒気と暖気がせめぎ合う見通しです。地上の気温も影響を受けて、日ごとの変動が大きくなるでしょう。前日と同じ服装だと失敗することもありそうです。お出かけ前に、その日の気温を確認するようにしてください。

日曜は日本海側も天気回復 月曜から火曜は再び低気圧が接近

あす17日(日)は、本州付近は広く高気圧に覆われる見込みです。本州の太平洋側や九州はおおむね晴れて、お出かけ日和になるでしょう。関東から九州は最高気温が20度前後まで上がる予想で、昼間は上着が邪魔になるほど暖かくなりそうです。本州の日本海側でも次第に天気が回復します。昼ごろからは晴れ間がでるでしょう。北海道でも、暴風雪は明け方までで、日中は晴れ間が期待できそうです。ただ、晴れの天気は長続きしません。18日(月)から19日(火)にかけて、低気圧が発達しながら朝鮮半島→サハリン付近のコースを進む見通しです。これは、先日北海道に暴風雪をもたらした低気圧のコースと似ています。
このため、18日は雲が広がり、西から天気が下り坂でしょう。夜には広い範囲で雨が降り、北海道でも雪ではなく雨の所が多い見込みです。前線や低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、昼間は気温がグンと上昇します。最高気温は、関東から九州は20度以上の所が多く、北海道も10度を超える所がありそうです。これまでの降雪で多くの雪が積もった地域では、雪崩に注意してください。
19日は前線が本州を通過し、広い範囲で雨が降るでしょう。また、広い範囲で大気の状態が不安定になりそうです。落雷や竜巻などの激しい突風、ヒョウに注意が必要です。前線は比較的はやい速度で通過していくため、太平洋側の地域では、午前中で雨のやむ所が多い見込みです。ただ、前線通過後は、寒気が流れ込んできます。全国的に冷たい北風が吹き、午後は気温が急降下しそうです。朝は暖かくても、羽織る物を持って行った方が良いでしょう。日本海側は、寒気の影響を受けて、再び雨や雪の降る所が多く、東北や北海道では大荒れの天気になる恐れがあります。

水曜日以降 関東甲信から九州は平年より気温が高い

20日以降は、北日本では寒気や気圧の谷の影響を受けて雪の降る日が多くなるでしょう。一方、東日本、西日本では晴れる日が多い見込みです。気象庁は、関東甲信、北陸、近畿、中国、四国、九州、奄美、沖縄に「高温に関する早期天候情報」を発表しています。それによると、22日ごろから(沖縄は21日ごろから)は、平年と比べて気温がかなり高くなる可能性があるとしています。
この一週間は日ごとの寒暖の差が大きくなりそうです。その日の気温がどうなるかをしっかりチェックして、上手に服装を選びましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい