16日全国天気 北海道 暴風など警戒続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日全国天気 北海道 暴風など警戒続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす16日にかけて北海道付近の上空には真冬並みの寒気が流入。北海道の日本海側では暴風や高波などに警戒。関東から九州は広く晴れて朝と日中の気温差が大きいでしょう。

関東~九州、沖縄は広く晴れ

【全国天気】
北海道付近の上空には真冬並みの寒気が流れ込んでいて、北海道の日本海側では断続的に雪が降り、積雪となっています。北部に位置する上川地方の層雲峡では、きょう午後3時までの24時間に降った雪の量は34センチになり、上川地方を中心にまとまった雪となっています。また、沿岸部を中心に強い風が吹いていて、荒れた天気が続いています。
北海道の日本海側では、あす16日(土)にかけて断続的に雪が降り、非常に強い風が吹くでしょう。車の運転が困難になるような見通しの全くきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風や高波などに警戒をして下さい。
東北は太平洋側は広く晴れますが、日本海側は雲が多く、朝晩は雨や山沿いでは雪が降りやすいでしょう。北陸は雨が降ったりやんだりで、夕方まではカミナリを伴う所もありそうです。一方、関東から九州にかけてと沖縄はおおむね晴れるでしょう。
【最低気温】
最低気温はきょうと同じくらいか、高くなる所が多いでしょう。けさは大阪や福岡など、西日本では多くの所で、今シーズン最も気温が下がりました。あすも同じくらいの冷えとなりそうです。今夜も暖かくしてお休み下さい。札幌は氷点下1度で、凍える寒さでしょう。
【最高気温】
最高気温は札幌で2度と、日中も気温はほとんど上がらないでしょう。平年よりも6度くらい低く、12月中旬頃の気温になりそうです。青森や秋田も平年よりやや低いでしょう。一方、東北南部や関東から九州、沖縄は平年並みか高い見込みです。同じ日本列島でも南は暑く、那覇では27度と夏日になるでしょう。

気温差10度以上

関東から九州にかけては、一日の気温の変化が大きくなりそうです。東京や名古屋、大阪、福岡の最低気温は各地で10度を下回り、朝はヒンヤリします。最高気温は18度以上、福岡は22度と、朝との気温差は14度くらいと大きくなりそうです。体温調節が難しく、体調を崩しやすいでしょう。今年もインフルエンザの流行シーズンに入りましたので、十分注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい