週間 月曜日頃 北日本中心に再び荒天のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 月曜日頃 北日本中心に再び荒天のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう14日(木)は、発達中の低気圧の影響で北陸から北は大荒れの天気で、北海道は猛吹雪の所も。18日(月)頃も、低気圧が発達しながら日本の北を進む予想。

あす 北は大雪・猛吹雪 関東周辺の峠は路面凍結注意

きょう14日は、日本付近は一時的に冬型の気圧配置となり、北日本の上空に真冬並みの寒気が流れ込んできます。あす15日は、冬型の気圧配置が次第に緩みますが、寒気は居座るでしょう。
【各地の天気】
北海道は日本海側を中心に断続的に雪。西よりの風が非常に強く、車の運転が困難になるほどの猛吹雪の所もあるでしょう。
東北北部は、朝までは雪。山沿いに限らず平地でも雪が積もったり、路面の凍結する所があり、車は冬の装備が必要になりそうです。雪に慣れている地域ではありますが、それでも、シーズン初めは事故が多くなる傾向があります。あすの朝、車で通勤するかたは、少し時間に余裕を持つと良さそうです。
東北南部と北陸、関東甲信は日中は晴れる所が多いですが、朝までは山沿いに雪雲がかかるでしょう。峠道の運転は路面の凍結に注意が必要です。
東海から九州、沖縄はおおむね晴れる見込みです。
【気温】
朝は全国的に今朝より冷えます。最低気温は平年並みか低く、関東から西の沿岸部も5度~8度くらいに。日中の最高気温も、平年並みか低い所が多い見込みです。北海道は広く3度前後で、内陸では一日中氷点下の真冬日の所もあるでしょう。東北北部は10度前後、東北南部と北陸は13度~15度くらいの予想です。西よりの風がやや強く、体感温度はさらに下がるでしょう。関東から九州は16度前後の所が多いでしょう。風は収まってきますが、それでも空気はヒンヤリです。沖縄は25度くらいでしょう。

あさって以降

【天気の傾向】
この先、北海道と東北は日本海側を中心に雪または雨で、北陸も雨。一方、関東から西はおおむね晴れ、という、冬の天気分布の日が多い見込みです。そんな中、18日(月)~19日(火)は、低気圧が発達しながら北海道の北を進み、この低気圧から延びる前線が本州付近を通過するでしょう。このため、きょう14日と同じように、はじめは広く雨で南風が吹き、次第に北風が強まり北海道は雪に、という状況になりそうです。低気圧の発達の度合いによっては、北日本を中心に大荒れとなり、北海道は大雪や猛吹雪となる可能性があります。今後の情報にご注意ください。
【気温の傾向】
北海道と東北北部は、平年より低い日が多く、日中も空気が冷たいままでしょう。東北南部や北陸、関東から西は、この時期らしい気温の日が多い見込みです。西日本も、日中20度に届かない日が増えてくるでしょう。朝晩は、連日のように沿岸部も広く10度を下回る見込みです。この冷え込みで、市街地の木々も色づいてきそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい