中国地方 暖かさから一転、初冬の寒さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 暖かさから一転、初冬の寒さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


中国地方は、きょう13日の日中は過ごしやすい陽気ですが、あす14日の朝以降は一気に初冬の寒気が流れ込み、急激に寒くなる見込みです。

きょう13日からあす14日の天気

きょう13日の午後は中国地方西部から次第に雲が広がりやすくなるでしょう。日中の最高気温は20度前後になる所が多く、過ごしやすい見込みです。ただ、今夜からあす14日の明け方にかけて寒冷前線が通過するため雨が降り、雷を伴い雨脚の強まる所があるでしょう。その後、初冬の寒気が流れ込んでくるため、山陰や山陽北部はしぐれて、中国山地の標高の高い所では雪になる所もある見込みです。西寄りの風が強まり、山陰沖の海上はしける見込みです。また、日中は気温が上がりにくく、最高気温は山陽の沿岸部でも14度前後と、12月上旬並みの寒さになりそうです。夜は朝よりも気温の低くなる所が多いでしょう。

15日朝は冷え込みに注意

あさって15日は冬型の気圧配置がゆるみ、天気は回復に向かう見込みです。ただ、朝にかけては放射冷却現象が効くことや寒気に覆われていることで、厳しい冷え込みになるでしょう。内陸部では氷点下の冷え込みになる所があり、沿岸部でも5度前後になる見込みです。暖房器具や厚手の冬服などの準備を万全にしておいてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい