北海道 備えは今日中 明日から大荒れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 備えは今日中 明日から大荒れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今日(13日)の道内は、広く日ざしがありますが、明日(14日)から土曜日(16日)にかけては、発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、日本海側を中心に大荒れの天気となるでしょう。今シーズン初めての猛ふぶきとなる恐れもあるため、今日中に停電などへの備えをするようにして下さい。

猛ふぶきや大雪に

日本海側の沿岸が大荒れの中心となり、明日(14日)から土曜日(16日)にかけて猛ふぶきや大雪となる恐れがあります。明日(14日)は、はじめ南よりの風がやや強く、降り出しは雨となります。午後にかけて西よりの風が強まっていき、雨が雪に変わっていくでしょう。明後日(15日)の朝6時までの24時間に降る雪の量は留萌や上川、空知、後志地方など、多い所で60センチに達する見込みです。週末にかけて雪が降りやすいため、さらに雪の量が多くなりそうです。16日土曜日にかけて風の強い状態が続き、日本海側は沿岸を中心に猛ふぶきが長引く恐れがあります。

湿り雪や着雪に注意

明日(14日)は雨から湿った雪に変わっていきます。電線や樹木などへの着雪が発生し、倒木や停電の発生する恐れがあります。湿った重たい雪が積もって、農業用施設の倒壊などにつながる可能性もあります。

冬の災害の備えを

道内では、今シーズン初めてとなる、冬の大荒れの天気となります。天気が荒れている間は、可能な限り車の運転は避けた方がいいですが、やむをえず車を運転する予定のある方は、車の中にスノーヘルパーやスコップなどが積んでいるか、確認するようにして下さい。また、停電によって暖のとれなくなる可能性もあります。電気が無くても暖のとれるような対策を今日のうちに済ませるようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい