週間 週の後半は冬の空気 北海道はふぶく所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 週の後半は冬の空気 北海道はふぶく所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


週の後半(木曜日以降)は冬の冷たい空気に入れ替わりそうです。北海道は真冬並みの強い寒気が流れ込み、日本海側は雪でふぶく所も。

雪の範囲は東北まで広がる

この先は、日本付近を高気圧と低気圧が交互に通過します。木曜日に低気圧や前線が通過したあと、冬の冷たい空気に包まれるでしょう。いよいよ冬将軍がやってきます。
あす(12日)に流れ込む寒気は、11月中旬としては強いものではありません。ただ、木曜日から流れ込んでくる寒気はこの時期としては強く、北海道は真冬並みの寒気です。金曜日は北海道と東北の日本海側で雪が降るでしょう。北海道はふぶく所もあり、日曜日にかけても雪が続く見込みです。一気に積雪が増える可能性もあるため、注意が必要です。北陸もしぐれる日があるでしょう。冬用のタイヤなど早めの準備をして下さい。

朝晩の寒暖差で紅葉進む

一方、関東から九州、沖縄は晴れる日が多くなるでしょう。紅葉の色づきが進み、秋ならではの行楽も楽しめそうです。
雲が増えるは木曜日。日本海側を中心に雨の降る所があるでしょう。その後は一時的に冬型の気圧配置となって、木枯らしが吹きそうです。冷たい風が吹いて、体感温度が下がります。冬用のコートやマフラーなどがあっても良さそうです。都市部でも朝晩は冷え込み、10度を下回る日が続くようになります。紅葉の色づきには良い条件となりますので、日々、赤や黄色に変わっていく様子を観察するのも楽しいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい