8日「立冬」 全国的に最高気温ダウン 北は雪が続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8日「立冬」 全国的に最高気温ダウン 北は雪が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょうは「師走並みの寒気」が入り、北海道は雪の続く所も。関東など晴れる太平洋側も、きのうより寒い所が多く、服装選びに注意。

北海道 一日で積雪20センチ以上も 夜は雪が強まる

8日金曜日は、二十四節気の「立冬」で、暦の上では冬の始まりです。天気のポイントは「寒気」で、暦に合わせるかのように、北海道には、すでに「師走並みの寒気」が流れ込んできています。このため、昨夜から今朝は、北海道の日本海側を中心に、本格的な雪が降りました。北海道幌加内町朱鞠内では、7日木曜日の6時に積雪が0センチだったのが、8日金曜日の6時には積雪が26センチと、たった1日で、20センチ以上も雪が積もりました。
8日金曜日の北海道は、日本海側を中心に、雪が降ったり止んだりの状態が続いて、夜は、雪の降り方が強まるでしょう。夜は、北海道の太平洋側でも雪の降る所がありそうです。普段から雪に慣れている所とはいえ、シーズン初めの雪は、路面の凍結によって、思わぬ車の事故が起こりやすくなります。車の運転は、いつも以上に慎重にして下さい。

東北北部で雪の所も 太平洋側は乾いた晴天

この寒気の影響は、北海道だけではありません。日本海側は雲が多く、東北北部の標高の高い所でも、午前中を中心に、所々で雨や雪が降るでしょう。
一方、太平洋側は、広い範囲で晴れる見込みです。空気が乾くので、洗濯日和の所が多くなりそうです。布団を干しても、ふっくらと気持ち良く仕上がるでしょう。ただ、日が暮れると、急に冷えてくるので、干した洗濯物や布団は、早めに取り込んで下さい。また、お肌や喉も乾燥するので、保湿ケアはしっかりして下さい。

予想最高気温 東京や大阪 3日ぶりに20度に届かない

そして、寒気の影響で、8日金曜日の最高気温は、7日木曜日より上がらない所が多いでしょう。青森や盛岡は、今シーズン初めて10度に届かない予想です。仙台や新潟、金沢は7日木曜日より5度以上低いでしょう。気温が5度違うと、服装1枚分に相当すると言われていますので、服装選びに注意が必要です。
関東から九州は、20度前後の所が多いですが、東京や大阪は3日ぶりに、20度に届かない予想です。さらに、全国的に北風が吹くので、気温の数字よりも寒いでしょう。昼間も昨日より暖かい服装で、お出かけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい