12月並み寒気 北海道は積雪 全国8割で一桁の気温 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

12月並み寒気 北海道は積雪 全国8割で一桁の気温

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今週末にかけて季節が急に進みそうです。北海道には12月上旬並みの寒気が流れ込み、平地でも所々で積雪となるでしょう。晴れる関東以西も朝晩はグッと冷えて、暖房が欲しいくらいの所も。

北海道は平地でも積雪に

6日(水)、寒気の流れ込んだ北海道では内陸で雪が降り、上川地方の層雲峡で7センチの雪が積もるなど、今シーズン初めて本格的な積雪となりました。
9日(土)頃にかけて、北海道の上空1500メートル付近に12月上旬並みの氷点下10度以下の寒気が入るでしょう。北海道では日本海側を中心に雪が降り、平地でも所々で雪が積もりそうです。車は冬の装備で、積雪や凍結など路面状況の変化に注意が必要です。東北でも標高の高い所では雪の積もる所があるでしょう。

関東以西も冷える

関東から九州は今週末にかけても晴れる日が多いでしょう。放射冷却現象が強まり、朝晩はグッと冷えそうです。最低気温は全国のアメダスの8割以上で一桁となる日が多いでしょう。東京都心や名古屋市などでも度々10度を下回りそうです。内陸部ではさらに冷えて、全国のアメダスの4割ほどで霜が降りるくらいの冷え込みに。長野市では9日(土)、10日(日)は4度以下になるでしょう。暖房が必要なくらいとなりそうです。
日中も日差しが降り注ぐわりには気温の上がり方が鈍くなりそうです。最高気温は東京都心や名古屋市、大阪市でも20度に届かない日が増えるでしょう。日中も上着があると良さそうです。
この先、季節はグッと前進するでしょう。厚手のお布団や上着を活用して、体調を崩さないようお気をつけ下さい。急な冷え込みに困らないよう、早めに暖房器具の点検もしておくと良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい