九州 気温差大きい一日 2日にかけて黄砂飛来も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 気温差大きい一日 2日にかけて黄砂飛来も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


1日(金)朝の九州は、きのうに続き、この秋一番の冷え込みの所が多く、山沿いでは最低気温が3度前後まで下がりました。一方、日中の最高気温は内陸部や九州南部では25度以上の夏日になる所もあるでしょう。朝と昼間の気温差が20度近くになる所もあり、気温の変化が大変大きい一日になる見込みです。
また、1日(金)から2日(土)にかけて、九州は黄砂が飛来する可能性がありますので、お気をつけ下さい。

今朝の最低気温 この秋一番の冷え込み

1日(金)の朝の最低気温は、大分県由布市湯布院2.7度、宮崎県五ヶ瀬町鞍岡2.8度、熊本県阿蘇市乙姫3.0度、熊本県南小国町3.6度、大分県玖珠町3.9度など、九州の山沿いは3度前後まで下がり、この秋一番の強い冷え込みでした。山沿いでは霜が降りた所があったかもしれません。
また、大分市10.3度、熊本市10.1度、宮崎市12.6度など、平野部でも気温が下がり寒い朝になりました。

日中は夏日の所も

1日(金)の九州は、高気圧に覆われて各地ともよく晴れて、日中の最高気温は各地で20度を超える見込みです。内陸部や九州南部では最高気温が25度以上の夏日になる所もあり、11月とは思えないような汗ばむ暑さになりそうです。
朝との気温差が、内陸部では20度近くになる所もあり、気温の変化が大変大きな一日になる見込みです。体調管理に気をつけ、調節のしやすい服装で過ごしましょう。

九州 1~2日黄砂飛来の可能性

1日(金)朝、朝鮮半島の広い範囲で黄砂が観測されています。韓国ソウルでは、黄砂で水平方向の見通しが2キロ程度まで下がっています。
このあと1日(金)午後から2日(土)にかけて、九州も広い範囲で黄砂が飛来する可能性があり、空が白っぽく霞みそうです。洗濯物や車などが汚れるおそれがあります。また呼吸器疾患などある方は、マスクを着用するなどしてお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい