28日 秋日和 昼前まで霧に注意 夜はにわか雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

28日 秋日和 昼前まで霧に注意 夜はにわか雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像E

画像E


28日(月)は、九州から北海道は日中は晴れて、秋日和。昼前まで霧が発生し見通し悪くなる所があるため、車の運転などは注意。九州南部や四国、東海では夜はにわか雨。

本州付近 移動性の高気圧に覆われる

28日(月)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。夜は、高気圧の中心は日本の東へ移り、高気圧の縁を周って、本州付近に湿った空気が流れ込むでしょう。南西諸島付近には前線が延びる見込みです。

28日(月)朝 今季最も低い気温

28日(月)は、午前6時40分までの最低気温は、札幌3度8分、金沢10度2分、名古屋13度4分、高知14度1分、福岡11度7分、大分12度0分、長崎12度3分、佐賀11度4分、熊本11度7分と、いずれも今季最も低くなりました。

きょう28日(月)の天気 夜は九州南部、四国、東海でにわか雨

沖縄は、雲に覆われて、昼過ぎから断続的に雨が降る見込みです。カミナリが鳴り、雨脚が強まることもあるでしょう。午後は次第に南西の風がやや強く吹く見込みです。
九州から北海道は、各地とも晴れ間が出て、風も比較的穏やかでしょう。夜は、九州から関東で雲が多くなる見込みです。九州南部や四国、東海では一時的に雨が降る所があるでしょう。東海では、ザッと強く降ることがありそうです。

霧に注意

移動性の高気圧に覆われるときは、放射冷却によって地表付近の空気が冷やされることで、霧が発生しやすくなります。特に盆地で発生しやすく、見通しが悪くなります。
28日(月)も、九州、中国地方、近畿、東海、北陸、東北、北海道で、昼前まで霧が発生する所があるでしょう。霧は秋の季語でもあり、幻想的な風景ではありますが、車の運転などはご注意下さい。

きょう28日(月)の予想気温 朝晩と日中の気温差大きい

最高気温は、沖縄は27度くらいの予想です。九州から東海は23度前後の所が多いでしょう。関東では18度から21度くらいと、きのう(27日)より2度ほど低くなる所が多い見込みです。東北は18度前後の所が多いでしょう。北海道は16度前後の所が多いですが、道北では13度から14度くらいの予想です。
日が暮れる頃は、空気がヒンヤリしてくるでしょう。夜の気温は、北海道は5度を下回る所が多く、東北も10度以下となる見込みです。関東から九州も内陸を中心に15度を下回るでしょう。この時期らしく、朝晩と日中の気温が大きくなりますので、体調管理にお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい