九州 この時季としてはまとまった雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 この時季としてはまとまった雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


九州はきのう23日(水)からきょう24日(木)にかけて、この時季としてはまとまった雨になっています。今夜にかけて急な強い雨や落雷などにご注意ください。かわって、あすの九州は天気が回復して、次第に晴れ間が戻るでしょう。

宮崎県で総雨量150ミリ超えの所も

きょう24日(木)は低気圧が九州南岸付近を通過し、九州は雨の所が多くなっています。きのう23日(水)降り始めからきょう24日(木)午後3時までの総雨量は、宮崎県都農町158.5ミリ、宮崎空港113.5ミリなど、この時季としては雨量が多くなっている所もあります。きょうこのあと今夜にかけても、九州は雨が降りやすいでしょう。あすは対馬海峡沿岸部で初め雨が残る所がありますが、九州の天気は回復へ向かう見込みです。

北部中心に肌寒い

気温は、雨の影響であまり上がっていません。きょう24日(木)午後3時までの最高気温は、福岡市18.8度、大分市20.1度、佐賀市20.9度など11月上旬から中旬並みの肌寒さとなっている所があります。あす25日(金)日中は晴れ間が戻る所が多いため、肌寒さはやわらぎ、九州南部は25度以上と汗ばむくらいの所もあるでしょう。気温・天気ともに変化が大きい季節です。体調を崩さないように服装などうまく調節しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい