西日本は大雨警戒 夜には豪雨の被災地にも雨雲 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本は大雨警戒 夜には豪雨の被災地にも雨雲

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D

画像E

画像E


きょう24日、西日本は非常に激しい雨が降り、あす25日の朝までに300ミリの雨が降る見込み。関東甲信越や東北南部も夜から次第に雨で、あす25日は大雨の恐れ。

局地的に滝のような雨 あす25日(金)にかけて総雨量300ミリの所も

【ポイント】
きょう24日(木)は西日本でカミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。また、関東甲信越や東北南部など台風19号による豪雨の被害が大きかった所でも今夜は次第に雨雲がかかり、あす25日(金)は大雨となる恐れがあります。
【雨の原因・気圧配置】
低気圧が東シナ海から九州の南を通り、四国の南、紀伊半島沖、関東沖へと進む見込みです。低気圧の中心に向かうように南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。加えて、上空を気圧の谷が通過していきますが、この気圧の谷は寒気を伴っています。このため、大気の状態が不安定になり、雲が発達しやすいでしょう。
【雨の強さ(雨の降り方)~あす25日(金)にかけて~】
1時間に30ミリ以上50ミリ未満の激しい雨
(バケツをひっくり返したように降り、道路が川のようになる)
四国や紀伊半島などでは局地的に50ミリ以上の非常に激しい雨
(ゴーゴーと滝のように降り、水しぶきで視界不良になる)
※雨の強さについては図を参考にしてください。
【予想される雨量~あす25日(金)の午前6時までの24時間雨量~】
いずれも多い所で
四国地方は300ミリ
東海地方は250ミリ
近畿地方は200ミリ
九州南部は100ミリ
その後、あさって26日(土)の午前6時までの24時間雨量は
いずれも多い所で
関東地方、伊豆諸島は100ミリから200ミリ
東海地方、甲信地方、東北地方は100ミリから150ミリ
近畿地方は50ミリから100ミリ

きょう24日(木)の天気と最高気温 汗ばむくらいだった昨日とは一転

【きょう24日(木)の全国各地の天気】
沖縄は大体晴れますが、にわか雨の所がある見込みです。九州、中国、四国は雨や雷雨で、局地的に雨脚が強まるでしょう。四国では滝のように非常に激しく降る所もある見込みです。近畿も雨が降ったりやんだりするでしょう。北陸や東海、関東甲信越、東北南部も雲に覆われ、早い所では夕方から雨が降る見込みです。東北北部も雲が多いですが、雨の降る所は少ないでしょう。北海道は大体晴れますが、昼前までは濃い霧のかかる所があるため、車の運転などはお気をつけ下さい。なお、あす25日(金)は近畿から関東で雨や風が強まり、荒れた天気になる恐れがあります。台風19号による豪雨の被災地で大雨となる恐れもあるため、今後も情報にご注意下さい。
【きょう24日(木)の全国各地の最高気温】
最高気温はきのう23日(水)より低くなる所が多いでしょう。特に九州北部や関東、東北の太平洋側などでは気温差が5度以上と大きくなる所もありそうです。沖縄と九州南部は26度前後で、汗ばむくらいでしょう。九州北部から関東にかけては20度前後の予想です。日差しが少ないため、実際の気温よりも肌寒く感じられそうです。重ね着などで調節すると良いでしょう。東北の太平洋側は18度くらい、日本海側は20度くらいの予想です。日差しの出る北海道は16度前後で、秋の装いを満喫できる陽気でしょう。

台風21号 小笠原諸島 昼前にかけて猛烈な風、猛烈なシケに警戒

台風21号はきょう24日(木)午前6時現在、父島の南にあり、時速25キロで北へ進んでいます。中心の気圧は950hPaで「非常に強い」勢力を保っています。きょう24日(木)の昼前にかけて、勢力を維持したまま、小笠原諸島にかなり接近する恐れがあります。小笠原諸島では記録的な暴風となる恐れがあります。
【あす25日(金)にかけて予想される最大瞬間風速】
小笠原諸島65メートル
(多くの樹木が根こそぎ倒れたり、電柱や街灯が倒れたりすることがある)
※風の強さについては図を参考にしてください。
【あす25日(金)にかけて予想される波の高さ】
小笠原諸島は10メートル
関東地方、東北の太平洋側は5メートル
【あす25日(金)午前6時までに予想される24時間雨量】
小笠原諸島は120ミリ


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい