元台風20号 近畿~関東 非常に激しい雨や猛烈な雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元台風20号 近畿~関東 非常に激しい雨や猛烈な雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


台風20号は温帯低気圧に変わりましたが、油断はできません。近畿から関東を中心に非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降って、大雨となるでしょう。

台風20号 温帯低気圧に変わっても油断せず

台風20号は温帯低気圧に変わりましたが、油断は禁物です。一番上の図(21日午前9時計算)のように多くのモデルで本州付近を進む予想となっており、本州に熱帯由来の暖かく湿った空気を大量に運び込みそうです。
近畿から関東で21日夜遅くから22日(火)の昼頃にかけて雨のピークとなりそうです。滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。局地的には猛烈な雨が降り、大雨となる恐れがあります。特に紀伊半島を中心に雨量が多くなりそうです。総雨量は多い所では東海は300ミリ、近畿は200ミリ、関東甲信で150ミリほどになるでしょう。北陸や東北も22日(火)は雨が降り、所々で雨脚が強まりそうです
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒、注意が必要です。一般的に総雨量が200ミリを超すと土砂災害などの災害が起こる可能性があります。台風第19号による記録的な大雨により堤防が損傷を受けた地域では、普段では災害が起きないような雨量でも洪水の危険度が高まる恐れがあります。川や危険な斜面には近づかないようにして下さい。
沿岸部では風も強まり、波が高くなりますので、強風や高波にも注意が必要です。

台風21号の影響は

また、マリアナ諸島にある台風21号は非常に強い勢力で23日(水)頃から小笠原近海を進む予想です。小笠原諸島では24日(木)から25日(金)にかけて雨や風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。また、海上では大しけとなる恐れもあり、警戒が必要です。その後、台風は日本の東の海上を進む予想で、本州へ上陸する可能性は低くなっています。ただ、予報円の西側の進路をとると、25日(金)から26日(土)頃にかけて本州付近でも雨や風の強まる可能性がありますので、今後も最新の台風情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい