週末は広範囲でどしゃ降り 非常に激しい雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週末は広範囲でどしゃ降り 非常に激しい雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C

画像D

画像D


金曜夜から土曜昼頃にかけて雨のピークを迎える所が多く、広くどしゃ降りに。滝のようにゴーゴーと非常に激しく降る所もあるでしょう。

広くまとまった雨 雨量が多くなる恐れも

あす18日(金)から19日(土)にかけては九州から東北の広い範囲で雨が降り、雨の量が多くなる恐れがあります。あす18日(金)は、九州から関東甲信は朝までには太平洋側を中心に雨の降りだしている所があり、昼前からは日本海側も含めたあちらこちらに雨雲がかかります。四国や三重県南部では雨雲が発達しやすく、午後は激しい雨や雷雨の所があるでしょう。広い範囲で雨脚が強まるのは、暗くなってからです。

雨のピークは

九州は18日(金)夕方から19日(土)未明にかけて、中国四国は18日(金)夜から19日(土)明け方にかけて、近畿は18日(金)夜遅くから19日(土)朝にかけて、東海は18日(金)夜遅くから19日(土)昼前にかけて、関東甲信は19日(土)未明から昼頃にかけて、東北は19日(土)明け方から昼過ぎにかけて、発達した雨雲がかかる可能性があります。ピーク時には地面一面に水たまりができるほどの、どしゃ降りとなる所が多いでしょう。局地的には滝のようにゴーゴーと、非常に激しく降りそうです。

川や崖には近づかないで

この雨は本州付近を進む低気圧や前線によるものですが、低気圧の発達具合や前線の活動の程度などによっては、大雨となることも考えられます。雨の降る時間や強さの予想はまだ幅がありますので、tenki.jpの「日直予報士」や「雨雲の動き」、「豪雨レーダー」などで最新の情報を確認してください。
なお、台風19号による記録的な大雨により、多くの河川で氾濫や決壊が発生し、堤防などが損傷を受けた所があります。また、地盤の緩んでいる所があります。19日(土)にかけての雨は、たった1日で500ミリを超えるような記録的な雨量にはならないものの、関東甲信の多い所で、18日(金)正午までの24時間に40ミリ、その後19日(土)正午までの24時間に100から150ミリの雨が予想されています。例え少しの雨でも洪水や土砂災害の危険度が高まるため、川や崖などの急な斜面には決して近づかないようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい