台風一過でも警戒続く 川の氾濫や土砂災害 多数発生 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風一過でも警戒続く 川の氾濫や土砂災害 多数発生

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


東日本や北日本に大きな被害をもたらした台風19号。きょうは三陸沖を北東に進み、夕方までには温帯低気圧に変わる見込み。台風一過の青空が広がるものの、引き続き川の氾濫や増水、土砂災害などに警戒を。

各地で記録的な大雨と暴風

台風19号は、きのう12日午後7時頃に伊豆半島に上陸、東日本や北日本を中心に記録的な大雨や暴風をもたらしました。神奈川県箱根町では24時間雨量が1000ミリ近くと、10月に降る雨(平年)の3倍もの量が降り、観測史上一位の値を更新しました。また風も非常に強まり、昨夜は東京都江戸川区と横浜で最大瞬間風速43.8メートル、都心でも41.5メートルの暴風が吹きました。関東や長野県、福島県、宮城県では川が氾濫して、広い範囲で浸水している地域があります。またあちらこちらで土砂災害が発生するなど、各地で大きな被害が出ています。

台風一過の青空でも 引き続き厳重警戒を

台風19号はきょう13日は三陸沖を北上し、夕方までには温帯低気圧に変わる見込みです。台風に変わって、日本付近には大陸から高気圧が張り出すため、九州から関東は各地で台風一過の青空が広がりそうです。北陸や東北、北海道の雨も昼頃にはやんで次第に晴れてくるでしょう。ただ、東日本や北日本では昼頃まで風の強い状態が続きそうです。波も高く、きょういっぱいは大しけの状態が続きますので、暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。また、関東甲信や東北では既に川の氾濫や浸水、土砂崩れなど大きな被害が出ている所がありますが、被害が出ていない地域でも、川の増水した状態が続いている所や地盤の緩んでいる所があります。引き続き土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

台風の置き土産 真夏並みの暑さも

最高気温は関東や東海を中心にきのうよりも高くなりそうです。30度近くまで上がる所が多く、特に静岡県では30度を超えて、真夏並みの暑さが戻りそうです。熱中症にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい