台風19号 13日未明~明け方 東北に最接近 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風19号 13日未明~明け方 東北に最接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E

画像F

画像F


台風19号は強い勢力で13日未明~明け方に東北地方へ最接近する予想です。夜中に大雨となったり暴風が吹き荒れたりしますので、避難するならいまのうちです。

13日未明~明け方 強い勢力で東北地方に最接近

大型で非常に強い台風19号は、12日夕方から夜にかけて静岡県から関東南部に上陸する見通しです。その後、13日未明から明け方にかけて東北地方に最接近するでしょう。
台風はあまり勢力を落とさずに【強い】勢力で東北地方に近づく予想です。暴風域がかなり広く、東北地方は福島県から青森県まで暴風警戒域にすっぽり入っています。台風がスピードを一気に上げるのは三陸沖へと抜けてからです。東北地方を進むころは動きがまだ遅く、大荒れの天気が長く続くでしょう。

東北でも厳重警戒!大規模な災害が発生するおそれ

東北地方では台風の北側に停滞する秋雨前線の影響で、すでに雨の量が多くなっている地域があります。台風本体の非常に活発な雨雲がかかってくるのはこれからです。福島県では昼過ぎから1時間に50㍉以上の滝のような雨が降りだすでしょう。そのほかの地域でも今夜から13日朝にかけて非常に発達した雨雲が広い範囲にかかる予想です。特に太平洋側では局地的に1時間に80㍉以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。息苦しくなるような圧迫感で恐怖を感じるほどの強さです。大規模な土砂災害や河川の氾濫が発生するおそれがあります。

外は危険です!

太平洋側を中心に走行中のトラックが横転するくらいの暴風が吹き荒れる予想です。外に出るのは大変危険!飛んできた物にあたってケガをすることがあります。
用水路や海岸の様子を見に行ったり、屋外での作業は絶対にやめてください。転落や転倒事故が発生するおそれがあります。暴風域に入ったら、外出は控えましょう。

高波や高潮による浸水被害のおそれ

太平洋側の海上では、今夜遅くから13日朝にかけてが猛烈なシケのピークとなり、波の高さは11㍍にまで達する予想です。海には絶対に近づかないよう厳重に警戒してください。
加えて、台風の接近と満潮時刻が重なる今夜遅くから13日明け方にかけては高潮にも警戒が必要です。沿岸部では大規模な浸水被害のおそれがあります。

台風接近まであと半日

東北地方では夜中に大荒れの天気となります。避難するなら明るいうちに、安全確保に努めながらくれぐれも慎重に避難所へ向かいましょう。
避難できない場合は、窓から離れた2階以上のお部屋へ移動するなど、最も安全な場所で自らの身を守ってください。

警戒レベル

今年から始まった警戒レベルについて、どのレベルでどんな行動をとり、いつ避難すればよいか、いまいちどご確認ください。
【警戒レベル3】
「すでに大雨となっています。お年寄りやお身体が不自由な方、幼いお子さんなど避難に時間がかかる方は避難を始めてください」という意味です。
気象庁から大雨警報(土砂災害)や洪水警報、高潮注意報などが発表され、市町村からは避難準備・高齢者等避難開始の情報が発令されます。
【警戒レベル4】
「崖や山の近くでは崩れた土砂が押し寄せたり、川の近くではあふれた水が流れてきたりするおそれがあります。対象地域の方は速やかに避難してください」という意味です。
気象庁から土砂災害警戒情報や高潮警報、氾濫危険情報などが発表され、市町村からは避難勧告・避難指示(緊急)が発令されます。
【警戒レベル5】
「災害がすでに発生しています。命を守るための最善の行動をとってください」という意味です。
気象庁から大雨特別警報や氾濫発生情報が発表され、市町村からは災害発生情報が発令されます。
※警戒レベル5はすでに手遅れです。避難は警戒レベル3、警戒レベル4の段階で済ませるようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい