台風19号 東海地方で24時間雨量1000ミリ予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風19号 東海地方で24時間雨量1000ミリ予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東海地方の多い所では、あす13日(日)の午前0時までに1000ミリの雨が降ると予想。災害発生の危険性が高まっています。

災害発生の危険性が高い

台風19号は水温の高い海域でエネルギーを補充しています。午前0時の時点で、中心気圧は935hPaで非常に強い勢力です。台風はきょう12日(土)の夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見通しです。
【上陸が予想される時間帯】
きょう12日(土)の夕方から夜にかけて
【上陸が予想される地域】
東海地方から関東地方
【特徴】
1、「大型」で「強風域だけでなく暴風域も広い」
このため、台風の上陸が予想される地域や進路に近い地域に限らず、全国各地で記録的な暴風の恐れがあります。
2、台風の中心から北側に大きく雨雲が広がっている(前線や湿った空気の影響もあり)
台風本体の活発な雨雲が近づく前から雨が降り続き、総雨量がかなり多くなる恐れがあります。
つまり、風の強いエリアが広く、雨雲の範囲も広いことから、台風が近づく前、接近時、通り過ぎた後まで、広い範囲で、長い時間、大荒れの状況が続く恐れがあります。

暴風により電柱や街路樹が根こそぎ倒れる恐れがあり、停電の可能性があります。様々なものが暴風で飛ばされ、暴風による飛来物で窓が割れる恐れがあります。大雨で山沿いでは土砂災害の危険性が高く、都市部も大規模な浸水が起こる恐れがあります。河川は大小問わず氾濫する恐れがあります。最新の情報をこまめに確認して、早めに安全な場所へ避難し、命を守ってください。
【暴風に厳重警戒を】
きょう12日(土)予想される最大瞬間風速
東海地方、関東甲信地方は60メートル
東北地方、近畿地方は45メートル
北陸地方、中国地方、四国地方35メートル
九州北部地方35メートル
北海道地方、九州南部30メートル
【高波に厳重警戒を】
きょう12日(土)予想される波の高さは、
東海地方、関東地方、伊豆諸島13メートル
東北地方、近畿地方10メートル
四国地方9メートル
小笠原諸島8メートル
北陸地方、中国地方、九州北部地方、九州南部・奄美地方、沖縄地方6メートル
北海道地方4メートル
【大雨に厳重警戒を】
あす13日(日)午前0時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
東海地方1000ミリ
関東甲信地方600ミリ
伊豆諸島450ミリ
北陸地方400ミリ
近畿地方300ミリ
東北地方250ミリ
中国地方、四国地方200ミリ
その後、あさって14日(月曜:体育の日)午前0時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東北地方200から300ミリ
北陸地方100から200ミリ
北海道地方、関東甲信地方、東海地方、近畿地方50から100ミリ


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい