3日 台風18号は温帯低気圧へ 引き続き大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3日 台風18号は温帯低気圧へ 引き続き大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


3日(木)は、台風18号は日本海に進み、温帯低気圧に変わる見込み。台風または低気圧に向かって、大雨の元となる暖湿気の流れ込みが続く。竜巻など突風の恐れも。

台風18号は温帯低気圧へ 暖湿気の流入続く

3日(木)は、台風18号は日本海に進み、温帯低気圧に変わる見込みです。台風または、台風から変わる低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気の流れ込みが続くでしょう。九州から近畿を中心に、大気の状態が非常に不安定になっており、大分県佐伯市蒲江付近では、午前1時10分までの1時間に約110ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。北陸や東海にかけても、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

きょう3日(木) 竜巻など激しい突風にも注意

沖縄は、大体晴れるでしょう。昼前から夕方は、にわか雨や雷雨の所がある見込みです。
九州は、南部の雨は一旦止み、晴れ間が出るでしょう。ただ、急にカミナリが鳴り、雨が降る所がある見込みです。北部は、昼過ぎにかけて断続的に雨が降り、カミナリを伴って雨脚が強まることがあるでしょう。四国は、昼前にかけて太平洋側を中心にカミナリを伴って1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがあります。降り続く大雨で地盤の緩んでいる所があり、特に愛媛県では土砂災害に厳重な警戒が必要です。中国地方は、山陽を中心に雨雲や雷雲がかかり、雨は激しく降る所がある見込みです。近畿は、昼頃から雨が降り、カミナリを伴って激しく降る所があるでしょう。東海は、雲に覆われて、早い所は夕方から雨が降り出すでしょう。夜遅くは、三重県で雷を伴って激しい雨が降る所がある見込みです。中国地方、近畿、東海では、局地的に道路が冠水するほどの雨が降るでしょう。アンダーパスなど低い土地の浸水に注意が必要です。土砂災害にもご注意下さい。また、発達した積乱雲の下では、竜巻が発生したり、突風が吹く恐れがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など、安全な場所に移動して下さい。
北陸は、晴れ間が出る所もありますが、所々で雨や雷雨がある見込みです。
関東は雲が多いでしょう。北部では夕方から、南部は夜、一時的に雨が降る所がある見込みです。
東北は、日本海側では昼前から雨雲がかかる所があり、夜にかけて太平洋側でも所々で雨が降るでしょう。北海道は、晴れ間が出る見込みです。道央や道南では夜遅く、にわか雨の所ががある見込みです。
九州や四国、中国地方では、南風がやや強く吹くでしょう。近畿や北陸も南風が次第に強まる見込みです。

きょう3日(木) 平年より高い気温続く

最高気温は、9月上旬から中旬並みの所が多いでしょう。沖縄、九州から近畿、北陸は、30度前後の所が多い見込みです。東海や関東は26度から28度くらいの所が多いでしょう。東北は、日本海側は25度前後、太平洋側は23度前後の所が多い見込みです。北海道は、オホーツク海側や日本海側は23度から25度くらい、太平洋側は18度から21度くらいの所が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい