北海道~東北 3割の地点で10月最高気温記録を更新

tenki.jp
きょう2日、台風18号から流れ込む暖かく湿った空気の影響で、全国的に気温が高くなり、北海道~東北の3割を超える地点で、10月の最高気温記録を更新しました。 2日 全国1割、北海道~東北の3割で10月の最高気温記録を更新 台風18号の影響で、日本付近には暖かく湿った空気が流れ込んでいます。このため、きょう2日は全国的に気温が高くなり、気温の観測を行っている955地点のうち、1割超えとなる111地点で10月の最高気温観測記録を更新しました。特にその傾向は北海道~東北地方(北日本)にかけて顕著で、338地点中103地点で、10月の最高気温観測記録を更新しました。 北海道~東北地方の主な地点は以下の通りです。 ※( )内は過去の1位の位記録 北海道富良野市麓郷 27.2度(2013年 24.4度) 秋田県大館市 28.6度(2013年 27.4度) 岩手県盛岡市 29.2度(2019年 27.5度) 宮城県蔵王町 29.7度(2013年 29.1度) 山形県高畠町 30.4度(2013年 29.4度) 福島県郡山市 29.5度(1999年 28.3度) あす3日も全国的に高温傾向 あす3日も、全国的に平年よりも気温の高い状態が続くと予想されます。湿度も高く、まだまだ熱中症にも注意が必要です。日中は水分をこまめにとるなどして、熱中症対策を心がけてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック