九州 大型で強い台風18号の影響は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 大型で強い台風18号の影響は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


大型で強い台風18号は今後も北上し、3日(木)頃に九州北部に接近する見込みです。あす10月1日(火)から九州は雨が降りやすく、3日(木)にかけて局地的に雷を伴い雨脚が強まるでしょう。また、九州北部は3日(木)を中心に風が強まり、海は大しけとなる見込みです。

台風18号 3日頃に九州北部接近か

大型で強い台風18号は、30日(月)午後1時現在、与那国島の南海上を時速20キロで北北西に進んでいます。今後、さらに発達しながら北上し、今夜にかけて先島諸島にかなり接近する見込みです。あす10月1日(火)は大陸に近い東シナ海を北上し、次第に進路を北東に変えて3日(木)にかけて九州北部に接近するでしょう。予報円の東から南よりのコースになると、対馬海峡を通過し、九州北部への影響がより大きくなる恐れがあります。今後も最新の台風情報を確認してください。

台風18号の影響は

【雨】あす10月1日(火)から、九州は次第に台風周辺の湿った空気が流れ込み、雨が降りやすくなるでしょう。3日(木)にかけて局地的に雷を伴い雨脚が強まり、九州の太平洋側や長崎県壱岐・対馬、五島地方を中心に雨量が多くなる所がある見込みです。
【風】台風の接近に伴い、九州北部は3日(木)を中心に風が強まるでしょう。台風の進行方向右側にあたり、暴風が吹く恐れがあります。
【波】あす1日(火)は長崎県五島地方で4メートルとしける見込みです。2日(水)は九州の外海でしける所が多く、長崎県壱岐・対馬や五島地方など3日(木)にかけて6メートル以上の大しけとなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい