台風18号 沖縄は猛烈な風雨 本州への影響度合いは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風18号 沖縄は猛烈な風雨 本州への影響度合いは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い台風18号の接近で、沖縄の八重山地方では猛烈な風の恐れ。予想される最大瞬間風速は55メートル。停電が発生する可能性があり、備えを。その後、台風は朝鮮半島付近を進み、4日(金)に山陰沖で温帯低気圧に変わる予想です。

沖縄 八重山地方で猛烈な風・雨の恐れ

強い台風18号は与那国島の南を北上しています。きょう(30日)午前11時現在、台風本体の雨雲が沖縄の八重山地方(石垣島地方、与那国島地方)にかかってきました。八重山地方では風も強まってきており、石垣市では午前11時までに27.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。
台風18号は暴風域を伴い強い勢力で今夜(30日)、八重山地方にかなり接近する予想です。沖縄の八重山地方ではこのあと猛烈な風が吹き荒れるでしょう。予想される最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルです。猛烈な風とは特急電車並みの速さで、多くの樹木が倒れたり、走行中のトラックが横転したり、電柱や街灯で倒れるものがでてくるような風です。八重山地方ではあす(10月1日)の明け方まで暴風に厳重な警戒が必要です。停電が発生する恐れもあります。懐中電灯を用意したり、スマートフォンや携帯電話の充電をしておきましょう。宮古島地方でもきょう(30日)は非常に強い風が吹き、沖縄本島地方でも今夜(30日)から風が強まりそうです。
台風の活発な雨雲がかかり、八重山地方や宮古島地方ではきょう(30日)は1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所があるでしょう。あす(1日)も局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降りそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。
また、高波にも厳重な警戒が必要です。あす(1日)にかけて八重山地方や宮古島地方で猛烈なしけに、沖縄本島地方では大しけとなるでしょう。海岸付近には近づかないようにして下さい。八重山地方や宮古島地方、大東島地方、久米島では高潮による浸水や冠水にも注意、警戒が必要です。

本州への影響は

台風18号は沖縄に接近したあと、3日(木)に朝鮮半島を進み、4日(金)は山陰沖に進んで、温帯低気圧に変わる予想です。
台風に吹き込む湿った空気の影響で、九州から近畿では2日(水)から3日(木)にかけて所々に発達した雨雲がかかり、大雨となる恐れもあります。また、九州を中心に暴風や大しけとなる恐れもあります。交通機関への影響もご注意下さい。
台風が本州付近に近づく頃には温帯低気圧に変わる予想ですが、油断は禁物です。構造は変わるものの、熱帯育ちの雨雲の元となる暖かく湿った空気を運び込みそうです。4日(金)頃は東海や関東、北陸、東北南部でも雨や風が強まる可能性があります。
なお、この情報は30日午前の情報をもとに作成しています。台風の進路次第では影響する地域や影響度合が変わる可能性がありますので、最新の台風情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい