台風18号 強い勢力で日本列島に接近のおそれ!

tenki.jp

メイン画像 (13:52)tenki.jp

メイン画像 (13:52)tenki.jp

台風18号は今後、強い勢力で日本列島に接近の恐れ。今週は台風の動向に警戒を!

台風18号 現在の状況

きのう発生した台風18号は、29日12時現在、フィリピンの東の海上にあって、1時間におよそ20キロの速さで西北西へ進んでます。中心の気圧は985hPa。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径110キロの範囲では風速25メートル以上の暴風が、中心から半径390キロの範囲では風速15メートル以上の強い風が吹いています。気象衛星ひまわりでは、沖縄の南に真っ白い雲が渦を巻いているのがはっきりと見て取れます。予想進路を見ると台風は今後、発達しながら北西に進み、あす30日(月)から10月1日(火)にかけて強い勢力で先島諸島にかなり接近する見通しです。
その後、1日から2日(水)にかけて東シナ海から黄海を北上し、3日(木)朝鮮半島を通り、日本海に進む予想です。
これまでの予想より大陸寄りにシフトしている傾向ですが、それでも油断はできません。

週間予報 (沖縄 九州 四国 中国)

沖縄ではあす30日と10月のスタートの火曜日は雨や風が強まり、大荒れの天気のおそれがあります。九州では2日水曜日から。四国、中国、近畿でも3日木曜日は雨や風が強まります。台風の進路等によっては、大雨となる所があり、海上では大しけのおそれがあります。
今週は沖縄では暴風や高波、大雨に厳重に警戒し、そのほかの地域でも台風18号の動向に十分な注意をして下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック