週間天気 カギを握るのは「台風のたまご」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 カギを握るのは「台風のたまご」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


この先一週間、広い範囲で曇りや雨の日が続く。雨の降り方を左右するのは、日本のはるか南にある「台風のたまご」。今後の動向に要注意。

あすの天気

あす28日(土)は、日本付近に雨雲の元となる暖かく湿った空気が流れ込みます。
【天気】沖縄は雲の間から日が差しますが、午前中は局地的に雨雲やカミナリ雲が湧くでしょう。九州と中国、四国は一日雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。特に四国では道路が川のようになるほど激しく降る所があるでしょう。近畿と東海は朝晩を中心に雨の所がありそうです。関東も雲に覆われ、午後は内陸部でにわか雨の可能性があります。北陸は昼頃から雨が降ったりやんだりでしょう。東北南部は昼頃から雲が広がり、夕方以降は弱い雨の降る所もありそうです。東北北部と北海道はおおむね晴れるでしょう。
【気温】最低気温は全国的に平年並みかやや高いでしょう。最高気温も、平年並みか高い所が多く、沖縄や九州は30度前後、中国・四国から関東にかけては28度前後で、蒸し暑く感じられそうです。北陸と東北は25度前後、北海道は23度から25度くらいの所が多いでしょう。

あさって以降

【天気の傾向】あさって29日(日)から10月4日(金)にかけて、ほぼ全国で曇りや雨の日が続くでしょう。雨の降り方のカギを握るのは、「熱帯低気圧(台風のたまご)」。きょう27日午前9時現在、日本のはるか南(フィリピンの東)に「熱帯低気圧」があります。今後、台風へと発達しながら北上することが予想されており、この影響で30日(月)頃からは沖縄や奄美で大荒れの天気となるおそれがあります。また、周辺の湿った空気が流れ込むことで、本州付近に延びる「秋雨前線」の活動が活発になりそうです。その先の熱帯低気圧(または台風)の動きについては、まだ詳細な予想は難しい状況ですが、来週の中頃からは、広範囲で、雨や風が強まって荒れた天気となることも考えられます(現時点で「曇りマーク」の日も、雨に変わる可能性あり)。今後、情報を更新していきますので、参考になさってください。特に、出張などで長い距離移動するご予定のかたは、計画に少し幅を持たせておくと良さそうです。
【気温の傾向】この先も、全国的に平年並みか高いでしょう。関東から西では、曇りや雨でも日中の気温が28度前後まで上がる日が多く、蒸し暑く感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい