週間 土日は雨の所が多い 局地的に雨脚強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 土日は雨の所が多い 局地的に雨脚強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


土曜は九州から近畿で雨、日曜は雨の範囲が東北まで拡大。気温は西・東日本でこの時期にしてはかなり高い日も。昼間はまだ夏服に。

あすの天気 西日本はカミナリを伴った激しい雨に注意

西日本を中心に湿った空気の流れ込みが続くでしょう。沖縄は雲が多いですが、時々日差しが出る見込みです。九州、中国、四国は雨が降ったりやんだりで、太平洋側では局地的に雷を伴い激しく降るでしょう。車の運転や足元などにご注意下さい。近畿も雲が多く、昼前から所々で雨が降る見込みです。東海、北陸、関東甲信、東北、北海道は広く晴れるでしょう。週末は雨が降る所が多いため、厚手の洗濯物や大きめの洗濯物を干すにはあす(27日:金曜)の日差しを有効に使うのが良いでしょう。

あさって以降の週間 日曜日は九州から東北まで雨雲広がる

28日(土)は高気圧の中心は日本の東へ遠ざかり、湿った空気が広い範囲に流れ込むでしょう。また、日本海から前線が本州付近に近づく見込みです。九州から近畿と北陸は雨が降るでしょう。前線は29日(日)には本州の南岸まで下がり、30日(月)にかけて停滞する見込みです。湿った空気の流れ込みが続き、29日(日)は九州から東北まで広く雨で、雨脚の強まる所があるでしょう。30日(月)も九州から関東は雨が残る見込みです。北海道はこの先、日本海側やオホーツク海側を中心に晴れる日が多いでしょう。
なお、先日24日(日)、気象庁から「早期天候情報」が発表されましたが、30日(月)頃から、ほぼ全国的に最高気温が平年より高い状態が続くでしょう。西日本や東日本では。最高気温が30度近くまで上がる日もある見込みです。日差しが少なくても気温が高く、カラッとした秋らしさというよりも、ムシムシを感じられるでしょう。10月に入っても日中は秋の装いより、夏の装いで過ごすことになりそうです。北日本も所々で25度を超えるでしょう。一方、朝晩は肌寒い日があり、北日本を中心に冷える日もある見込みです。一日の中で、寒暖差が大きくなります。体調を崩さないようにご注意下さい。朝晩のお出かけの服装選びには予想最低気温を、昼間のお出かけの服装選びに予想最高気温を参考にすると良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい