九州 季節の進みゆっくり 冬は暖冬傾向 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 季節の進みゆっくり 冬は暖冬傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州は、10月も高温傾向が続き、季節の進みはゆっくりでしょう。11月の気温は平年並みか高い見込みです。紅葉シーズンは、いつもより遅くなる可能性があります。12月から2月にかけての冬は、気温が平年並みか高く、暖冬傾向となる見込みです。

10月は半袖の出番も、11月は紅葉遅い可能性、冬は暖冬傾向

きょう3か月予報と寒候期予報が発表されました。
九州は、10月も暖かい空気が流れ込みやすく高温傾向が続き、季節の進みはゆっくりでしょう。衣替えの際は、まだ半袖も少し残しておいたほうが良さそうです。天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多く、降水量はほぼ平年並みでしょう。
11月の気温は平年並みか高い見込みです。紅葉シーズンは、いつもより遅くなる可能性があります。天気は数日の周期で変わり、降水量はほぼ平年並みでしょう。
12月から2月にかけての冬は、寒気の南下が弱いため、気温は平年並みか高く、暖冬傾向となる見込みです。九州北部は平年と同様に曇りや雨・雪の日が多く、九州南部は晴れの日が多いでしょう。降水量は、ほぼ平年並みの見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい