関東「うろこ雲」浮かぶ秋の空も 午後はにわか雨注意

tenki.jp

関東地方は朝は青空が広がり、秋の雲「うろこ雲」が多く見られました。ただ、午後は所々に雨雲がかかりそうです。

浮かぶうろこ雲

きょう(24日)の関東地方は、朝は青空に「うろこ雲」が多く浮かぶ様子が見られました。写真は今朝の池袋のサンシャインからの空の様子です。まだ、残暑は続いていますが、空は夏の「入道雲」に変わり、秋の雲である「うろこ雲」や「すじ雲」が見られる時期になっています。

午後はにわか雨に注意

ただ、午前11時現在の関東地方の空は「うろこ雲」だけでなく、雲が増えて、雲の厚みも少し増してきました。関東地方はこのあとは気圧の谷や湿った空気の影響で、所々に雨雲がかかるでしょう。午後は山沿いだけでなく、平野部でもにわか雨の所がありそうです。激しく降ることはない見込みですが、急な雨に濡れないよう、これからの外出は折りたたみ傘があると良いでしょう。「豪雨レーダー」などで、雨雲の動きを把握しておくと安心です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック