台風17号 備えは22日までに 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風17号 備えは22日までに 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


23日月曜日は秋分の日でお彼岸の中日です。週末は3連休で、お墓参りなど予定されている方も多いかもしれませんが、台風17号が東北地方に接近する予想です。暴風や高波に警戒してください。備えは遅くても22日(日)までに済ませましょう。

海上中心に大荒れ大しけ

台風17号が、沖縄の南をゆっくりと北上しています。台風は23日(月)秋分の日にかけて、暴風域を伴ったまま日本海を北上するため、東北地方では日本海側の海上を中心に大しけ、大荒れとなるおそれがあります。
【高波】
台風が接近する23日(月)秋分の日頃の日本海側の海上を中心に、大しけとなるでしょう。海岸沿いの道路では、高い波が防波堤を超えて、道路は波をかぶり、海岸付近の施設には被害の出るおそれがあります。高波に対する備えは、おそくても22日(日)までに済ませておきましょう。
【暴風】
台風接近に伴って、21日(土)は次第に風が強まり、最も風が強まるのは、台風が東北地方に最接近する23日(月)秋分の日は、日本海側を中心として、24日(火)は台風の吹き返しの風が強まるため太平洋側を含めて、暴風のおそれがあり、注意、警戒が必要です。庭やベランダにある風で飛ばされそうなものを片付けるなど、暴風に対する備えは、22日(日)までに済ませましょう。

お墓参りは21日(土)までがおすすめ

台風の北上とともに、秋雨前線も北上する予想です。台風接近前に、東北地方には前線の雨雲がかかる予想です。【21日(土)午後】には、東北南部から雨が降り出しそうです。台風や秋雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、一時的に雨脚の強まるおそれがあり、雨の降り方に注意が必要です。
【22日(日)】午前中には、南部を中心に所々で発達した雨雲がかかり、雨脚の強まることがあるでしょう。湿った風が吹き付ける東斜面では、特に短い時間に降る強い雨に注意が必要です。前線の北上とともに、雨の範囲は次第に北上し、午後には北部でも広く雨となりそうです。
【23日(月)秋分の日】には、台風は日本海を北上しながら、東北地方に接近する予想です。22日(日)の夜から23日の午前中にかけては、東風の吹き付けが強まる青森県の下北や三八上北、岩手県沿岸地域を中心に雨量が多くなるおそれがあります。
24日(火)は太平洋側で日差しの戻るところがありそうですが、西風の強い状態が続きそうです。お線香の準備などで、火を取り扱う方も多いかと思いますが、十分な注意が必要になります。お彼岸のお墓参りは、雨が強まる前の21日(土)までか、風が収まり広く日差しの戻る25日(水)以降がおすすめです。

最新情報で確認を

台風の進路や強さ次第で、波、風、雨の強まる時間帯は変わる可能性があります。気象情報は最新の情報で確認するようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい