週間 台風 3連休に影響大 残暑が戻る 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 台風 3連休に影響大 残暑が戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす21日(土)からの3連休は、台風17号や前線の影響で、大荒れの天気になる所も。大型の台風17号は、宮古島の南東を北上中。台風の北上に伴い、前線も北上し、3連休は本州付近で活動が活発に。交通機関に影響が出るおそれもあるので、最新の情報に注意が必要。

台風 日本列島に影響か

大型の台風17号は発達しながら、あす21日(土)未明から明け方に先島諸島へ、朝から昼前にかけて沖縄に接近する見込みです。その後は、東シナ海を北上し、あさって22日(日)には九州を中心とした西日本に接近するでしょう。その後は日本海を北東に進み、勢力を保ったまま23日(月:秋分の日)から24日(火)に北陸や北日本に接近するおそれがあります。また、台風の北上に伴って、前線の活動が活発になるでしょう。

3連休初日の天気 沖縄と九州は大雨のおそれ

あす21日(土)の朝から昼前にかけては、大型の台風17号が沖縄に最も近づく見込みです。沖縄では、局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、暴風が吹き荒れるでしょう。海上では猛烈なしけとなりそうです。大雨や暴風、高波に警戒が必要です。
九州南部はあす21日(土)の昼前には風速15メートル以上の強風域に入り、海上では大しけとなるでしょう。また、台風周辺の発達した雨雲や前線の活動が活発になるため、あさって22日(日)にかけて大雨になるおそれがあります。土砂災害などに警戒してください。
九州北部も局地的にカミナリを伴って、激しい雨が降るでしょう。風も次第に強まり、横殴りの雨になる所もありそうです。
四国から関東は断続的に雨で、雨脚の強まる所があるでしょう。東北や北海道は晴れ間がありますが、夜になると雨の降り出す所がありそうです。

あさっての天気 西日本で激しい雨

大型の台風17号は東シナ海を北上し、あさって22日(日)は九州を中心にした西日本に接近する見込みです。九州から近畿では、前線の活動が活発になることも重なり、大雨になるおそれがあります。また、暴風や大しけとなるでしょう。交通機関に影響が出るおそれもありますので、お出かけの際は早めにご確認ください。
東海や関東、北陸は断続的に雨が降り、雨脚の強まる所があるでしょう。風も次第に強まってきそうです。東北や北海道は晴れ間があっても、夜から雨の降り出す所があるでしょう。

3連休最終日 北日本で激しい雨

23日(月:秋分の日)は台風17号は日本海を北東へ進む見込みです。雨の範囲は東北や北海道へ移動するでしょう。沖縄や九州から関東は次第に雨が止む見込みです。東北や北海道は雨雲がかり、東北北部や北海道で活発な雨雲のかかる所があるでしょう。全国的に南よりの風が強く吹き、先の台風15号の被害を受けた地域では注意が必要です。
24日(火)は台風から変わる低気圧の影響で、北海道は雨・風ともに強まるでしょう。低気圧に変わるからといっても、油断はできません。低気圧に変わると急速に発達することが考えられますので、最新の気象情報にご注意ください。

25日以降の天気 日差しと暑さが戻る

25日(水)から以降は高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。台風が持ち込んだ熱帯の空気が残るため、湿度が高く、ムシムシしそうです。関東から九州は30度くらいまで上がる所もあり、厳しい残暑になるでしょう。この先は気温の変化が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい